【MLB】大谷翔平 vs. ジャッジ “MVP対決第3ラウンド” 天敵から2年連続30号なるか、「3番DH」スタメン

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は31日(日本時間9月1日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるニューヨーク・ヤンキース戦に「3番DH」で先発出場する。

大谷は前日の同戦では、第3打席に右前打、第4打席に二塁打を放ち、今季31度目のマルチ安打の活躍。しかし、エンゼルスはアーロン・ジャッジに今季51号3ランを献上するなど4-7で敗れ、連勝は4でストップした。

◆「大谷翔平がジャッジの歴史的な夜を台無しに」とNY地元メディア HR競演もヤンキース敗戦で

■今季ア・リーグ奪三振1位のコール

相手先発のゲリット・コールはヒューストン・アストロズ時代の2019年に最優秀防御率と最多奪三振、ヤンキース移籍2年目の昨季16勝を挙げて最多勝に輝いた右腕。今季もここまで26試合に登板し10勝6敗、防御率3.31で奪三振はリーグトップの200とタイトル獲得を視界に捉える。

大谷はコールに対して通算17打数3安打の打率.176、7つの三振を喫しており、抑え込まれている。今季初対戦となる“天敵”の相手に、2年連続となる30号を見舞うか。MVPを争うライバル、ジャッジは2試合連続本塁打しているだけに、ここでメジャーを代表するコールからの一打を期待したいところ。

日本人初となる2年連続30本の偉業達成、そしてジャッジとの直接対決に勝利したい。3連戦初戦は大谷の一発でエンゼルス、第2戦はジャッジの51号などでヤンキースが快勝、果たしてMVP争いの第3ラウンドは、どちらに軍配が挙がるのか。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 SS フレッチャー  
2番 CF トラウト 
3番 DH 大谷  
4番 2B レンヒーフォ  
5番 RF ウォード
6番 1B フォード      
7番 3B ダフィー 
8番 LF アデル
9番 C スタッシ 
SP  サンドバル

◆「大谷翔平がジャッジの歴史的な夜を台無しに」とNY地元メディア HR競演もヤンキース敗戦で

◆大谷翔平、11勝目翌日の28号弾含む猛打賞に敵軍メディアも「オオタニがMVP」だと絶賛の声

◆大谷翔平、“お得意様”から2戦連発の29号2ラン 実況も「イッテラッシャーイ」と大興奮

試合情報

エンゼルス-ヤンキース
9月1日(木)10:38(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします