成田緑夢、マー君の第一印象は?「デカッ、ガッチリ、ボーン」

12月2日、明治神宮外苑の室内球技場にて「ウブロ×田中将大チャリティーイベント~Pray for HOKKAIDO~」が開催された。

2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震に向けたチャリティーイベントであり、当日はニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大投手と、パラアスリートの成田緑夢選手が登場。

今回のイベントが初顔合わせだったという両選手。互いの第一印象について、田中投手は成田選手を「非常に好青年で印象がいいです。だから世界のトップに立てるのだと思います。そういうところも大事ですし」と好評価。

キャッチボールもほとんど経験がなかったという成田選手。「怖い~!」とボールを怖がるような姿勢も見せていた序盤だったが、持ち前の運動神経で終盤は見事な投球を見せていた。

成田選手は田中投手の第一印象について「デカっ、て感じ。僕のスポーツは『ガッチリ、ボーン』みたいな選手がいないので、びっくりしました」とコメント。田中投手に圧倒されたことを正直に明かしていた。

《関連記事》

田中将大、北海道への寄付金を決める的当てに挑戦…子どもたちが高額の的を次々と射貫くまさかの展開に感謝?

世界一になるために取り組むべきことは…成田緑夢と田中将大の答えが丸かぶり?

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします