【MLB】大谷翔平、今年も賞タイムなるか MVPは11月17日発表、アーロン賞候補最終候補にも

昨季はコミッショナー特別表彰まで受けた大谷翔平 果たして今季は… (C) Getty Images
昨季はコミッショナー特別表彰まで受けた大谷翔平 果たして今季は… (C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平にとって今シーズン・オフも“賞タイム”となるのか。

◆エンゼルス、史上最高額で売却か “大谷翔平効果”で約262億円が約4350億円へ球団価値激増

■ロバート・ホワイティングさんの見立ては……

MLBはワールド・シリーズに向けポスト・シーズンもいよいよ大詰め。それと同時にオフに向け2022年シーズンの賞レースが次々と発表となる時期を迎えた。

まずニューヨーク・ヤンキースアーロン・ジャッジとの一騎打ちが予想されるMVPは、すでに公式戦終了とともに記者投票は終了しているが、全米野球記者協会はその発表を11月17日(日本時間18日)に行うと発表した。またそれに先んじて同7日(同8日)に最終候補を発表する。大谷はサイ・ヤング賞候補も取りざたされており、こちらは前日16日(同17日)発表の予定だ。

また昨季受賞を逃したハンク・アーロン賞について、今季も最終8人の候補に入ったとMLBが発表した。

日米の野球事情に精通するコラムニスト、ロバート・ホワイティングさんは「62本はメジャーを象徴する偉大な数字であり、昨今のMVPの指標となっているWARからしてもMVPはジャッジが濃厚」との見方をSPREAD編集部に寄せている。その代わりと言ってはなんだが「今年もコミッショナー特別表彰が大谷に与えられるのではないか」と予想している。

大谷は昨季シーズンオフ、各種賞レースで同特別表彰、MVPなどを含む11冠に輝いている。

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

◆大谷翔平、米メディアの「不滅の記録」TOP5に選出される 他4項目には歴代レジェンドがずらり

◆「大谷翔平はメジャー最高の選手」とコミッショナーが称賛 ボンズ、ジャッジの本塁打記録にも一家言

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします