【マイルCS/馬場情報】阪神芝は意外に“イン突き”も利く 当日マイル戦は「1枠」が差し切り

第39回マイルCS(GI、芝1600m)が行われる阪神競馬場の馬場情報が20日、JRAより発表された。阪神は芝・ダートともに「稍重」。芝のクッション値は「9.3/標準」と、前日「9.7/標準」より軟化した。

◆【マイルチャンピオンシップ2022予想まとめ】過去10年データ・傾向、追い切り、枠順、出走馬、動画

■「差し」傾向は変わらずだが……

阪神芝は前日土曜時点、前週の雨天開催の影響を見せず良好で、土曜阪神11R・アンドロメダS(マテンロウレオ)は芝2000m1分59秒3と例年並みの勝ち時計だった。

しかし、日曜朝に降雨が見られ、馬場が悪化した。芝のクッション値は前日より軟化し、前年「10.2/やや硬め」と比較すると軟らかめ寄りに推移。この後、天候は曇りとなるが気温は上がらず、大きく変わることはなさそうだ。

土曜阪神芝の外回りコースは「差し」傾向。芝1600mで行われた阪神12R・3歳上1勝クラスでは直線、大逃げを打った2頭が失速、離れた3番手追走のレベレンシアが馬場の真ん中から抜け出て1着でゴールしたが、4角14番手から追い込んだムーンリットナイトがクビ差まで詰め寄った。

ただし、「外枠」が有利とは限らず日曜当日、芝1600mで行われた阪神3R・2歳未勝利ではポッカリと開いたインを強襲した1枠のマイネルメモリーが差し切りV。前日の土曜阪神11R・アンドロメダSの勝ち馬マテンロウレオもイン突きで決めており、マイルCSも「内枠+差し・追込」に警戒が必要か。

当日/11月20日(日曜)

含水率
┗ゴール前=芝9.4%|ダ6.8%
┗4コーナー=芝9.3%|ダ6.3%
芝のクッション値=9.3[標準]

前日/11月19日(土曜)

含水率
┗ゴール前=芝8.9%|ダ6.8%
┗4コーナー=芝9.0%|ダ7.0%
芝のクッション値=9.7[標準]

前年/11月21日(マイルCS当日)

含水率
┗ゴール前=芝8.7%|ダ4.1%
┗4コーナー=芝9.9%|ダ4.0%
芝のクッション値=10.2[やや硬め]

◆【マイルチャンピオンシップ2022予想/追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「ここが“メイチ”のフシ」

◆【マイルチャンピオンシップ2022予想/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”確定の刺客 「道悪が嫌われてこのオッズはオイシイ」

◆【マイルチャンピオンシップ2022予想/データ攻略】重賞馬に勝率100%の“鉄板”条件 GI初制覇へ「絶好のチャンス到来」

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします