【マイルCS/危険な人気馬】3歳ツートップの1頭は“消し” 「条件を考えれば物足りない内容」

第39回マイルチャンピオンシップ(GI、芝1600m)はGI5頭が出走とハイレベルの一戦。ソダシはマイルGI3勝を誇り、昨年と今年のNHKマイルC覇者・シュネルマイスターダノンスコーピオンなど、各世代の名マイラーが顔を揃えた。

今年は毎日王冠や富士Sなどの前哨戦を順調に経由した有力馬が多く、前走・重賞で馬券内の馬が8頭。このうち、富士Sを1番人気で制したセリフォスが今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【マイルチャンピオンシップ2022予想/穴馬アナライズVol.3】前走惨敗で想定“8人気”前後 「巻き返しの材料はたっぷりと揃った」

■富士Sで先着した2頭に逆転される

富士Sは直線、ダノンスコーピオンとソウルラッシュが叩き合うなか、外から上がり最速の3F33秒2で差し切ったのがセリフォスだった。

ただ、当日は外差しが利く馬場コンディションであり、実際、このレースでも大外から追い込んだ8番人気のピースオブエイトが4着に食い込んでいる。加えて、クビ差2着のソウルラッシュは57キロ、そこからクビ差3着の同世代ダノンスコーピオンは56キロであり、同馬は54キロ。それでこの辛勝は正直、物足りない内容だった。

春のNHKマイルCは勝負どころでゴチャつく場面があったとはいえ、ゴール前で脚が上がって4着に後退。続く安田記念も一瞬は勝ち馬・ソングラインと同じ位置から突き抜ける雰囲気を見せながら、やはり終いが甘くなり4着に敗れた。

道中力みながら追走するタイプであり、これが終いの甘さに繋がっている印象を受ける。2歳時の朝日杯フューチュリティSも最後の坂で一杯になり、ドウデュースに差し切られた。マイルGIでここまで2、4、4着と、ワンパンチ足りない感は否めない。

定量戦になれば富士Sで先着した2頭に逆転される可能性も高く、これに別路線から強豪が出てくるここは馬券外も十分に考えられる。それでも上位人気に支持されるなら、思い切って「消し」でもいい。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後でも買い 「本来は有力馬に数えられていい存在」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”確定の刺客 「道悪が嫌われてこのオッズはオイシイ」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走惨敗で想定“8人気”前後 「巻き返しの材料はたっぷりと揃った」

マイルチャンピオンシップ2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】V字回復の重賞馬に「A」評価 「借りを一気に返す可能性」

◆【追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「ここが“メイチ”のフシ」

◆【追い切り診断】GI馬にまさかの辛口評価「B」 「前走の反動かモタモタした姿」

◆【追い切り診断】上位人気の一角は「A」の高評価 「意図した通りの上昇ぶり」

▼データ攻略
◆【データ攻略】重賞馬に勝率100%の“鉄板”条件 GI初制覇へ「絶好のチャンス到来」

◆【データ攻略】前走惨敗から“復活”の舞台へ 馬券内率10割で「不安要素を打ち消す」

◆【データ攻略】想定オッズ“20倍”前後の伏兵 「訳あり」の連敗から馬場適性で再浮上

◆【データ攻略】馬券内率“8割”超の妙味 驚異の「2.1.2.1」を誇る鞍上×コース実績

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で馬券内率“6割”超 浮上した2騎で「1点勝負の価値あり」

▼血統傾向
◆【血統傾向】「馬券内率7割」超えに合致 勢いに乗る想定“10人気”前後に注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ソダシとサリオスは“勝率0%”の3枠に 警戒すべき好枠の伏兵とは

◆【脚質傾向】「上がり最速でも届かない」 外回りコースも“末脚不発”の傾向

◆【前走ローテ】“復活V”で人気上昇のサリオスに警鐘 狙いは「前走2着以下」

◆【人気傾向】上位人気を信頼も、好配当を呼び込む“中穴”の人気帯とは

◆【動画プレーバック/マイルチャンピオンシップ2021】グランアレグリアがラストランで連覇を達成、GI6勝目を飾った

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします