Advertisement

【WBC】“完全試合男”佐々木朗希、侍ジャパン初陣で最速162キロ 柳田悠岐らから圧巻3Kで順調ぶりアピール

 

侍ジャパン・佐々木朗希
ソフトバンクとの強化試合に先発した侍ジャパン・佐々木朗希(C)Getty Images

3月8日に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦う野球日本代表の侍ジャパンは25日、福岡ソフトバンク・ホークスとの強化試合に挑み、千葉ロッテ・マリーンズの佐々木朗希が先発マウンドに上がった。

◆侍ジャパン vs. ホークス 強化試合 佐々木朗希と大関知久の投げ合いで開幕

■真っすぐが冴え圧巻の投球

佐々木は初回先頭の牧原大成に内野安打を許すも、その後仕掛けた盗塁を甲斐拓也がアウトに仕留める。その後、2番の中村晃をセカンドフライ、3番の柳田悠岐には最速162キロの速球で三振に打ち取る。

迎えた2回も真っすぐが冴える佐々木は4番のホーキンスをレフトフライ、5番の栗原陵矢を三振に打ち取り、続く6番の今宮健太も空振り三振に仕留めた。

佐々木は2回26球を投げ、1安打3奪三振無四球無失点。安定感抜群の投球を見せWBC世界一に向けた“侍ジャパン初陣”で順調な調整ぶりをアピールした。

試合は3回終了時点で0-0となっている。

◆侍ジャパン 日程、トーナメント表、中継情報、対戦国情報、試合結果一覧

◆ついに“モンスター”がベールを脱ぐ! 米識者が佐々木朗希の唸るブルペン投球に興味津々「彼は絶対的なスターになる」

◆山本由伸と佐々木朗希が不安吐露「最悪を考える」 要注意バッターも告白

Advertisement


文●SPREAD編集部