「カナダでの8年間、さようなら」ハビエル・フェルナンデスが引退試合を前にカナダへ別れ

引退試合を目前に控えた男子フィギュアスケートのハビエル・フェルナンデス選手が、インスタグラムを更新。トレーニングの地・カナダでバスケットボールの試合を観戦している様子を公開した。

フェルナンデス選手は、カナダのオンタリオ州トロントに本拠を置くNBAのチーム、トロント・ラプターズの試合を観戦した模様。

カナダでの8年間、さようなら」とコメントを添え、満面の笑みを浮かべた写真を投稿した。

 

View this post on Instagram

 

Let’s say good bye to 8 years living in Canada with a good @raptors game! Let’s enjoy @macktuckah!! Go Canada🇨🇦🍁!

Javier Fernandezさん(@javierfernandezskater)がシェアした投稿 –

欧州選手権を最後に現役引退

フェルナンデス選手は2018年11月、2019年1月に開催される欧州フィギュアスケート選手権を最後に、現役引退することを発表していた。

同じブライアン・オーサー・コーチに長年師事し、羽生結弦選手と共にトロントで練習に励んでいたフェルナンデス選手。

そんな思い出の地を後にする投稿に対して、ファンからは多くの声が寄せられていた。

  • ずっといて!私たちはあなたを愛してます!
  • あなたがいなくて寂しいです!スペインでの幸運を祈ります
  • ハビエル、ヨーロッパ選手権で頑張ってください!
  • 私は本当にあなたのスケートとあなたのやさしい心が大好きです

羽生結弦の盟友として日本でも愛された

フェルナンデス選手と羽生選手は、ライバルであると同時に良き仲間でもあった。

フェルナンデス選手は平昌五輪で銅メダルを獲得。同大会で羽生選手が金メダルを獲得した際には、自分のことのように喜び、互いに健闘を称え合った。

この時、羽生選手はフェルナンデス選手に対して、「君がいなければ、成し遂げられなかった」と語っており、二人の絆がいかに深いものであるかが伝わってくる。

こちらは、コーチのブライアン・オーサー氏が投稿した平昌五輪の時の写真。仲睦まじい様子で寄り添う二人の笑顔が全てを物語っている。

 

View this post on Instagram

 

No words can express how proud I am of these 2 champions. Well done Javi and Yuzu

@ brianorserがシェアした投稿 –


フェルナンデス選手は、平昌五輪の銅メダルのほか、世界選手権では2度の金メダルを獲得。また、欧州選手権は6連覇中というフィギュアスケート界の大スター。日本での知名度も高く、愛されている。

同選手権7連覇で引退の花道を飾ることができるか。最後のスケーティングに、世界中のファンから熱い視線が注がれる。

≪関連記事≫

羽生結弦、ハビエル・フェルナンデスと肩を並べて笑顔!引退前の貴重な写真になるか

無良崇人が、フィギュアスケート選手を引退したからこそ気づけたこと

「現役アスリートは自己中でなければいけなかった」無良崇人が感じた、浅田真央の引退後の変化

浅田真央、年末は20袋分の洋服断捨離?…「幼馴染」無良崇人と互いの印象を明かし合う

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします