アジアカップ11戦無敗のザッケローニ、決勝戦で発足以来無敗の森保ジャパンと対戦なるか

アジアカップ・ノックアウトステージ準決勝で、開催国UAE代表はカタール代表と対戦する。

UAE代表を指揮するのは、2010年から2014年まで日本代表監督を務めたアルベルト・ザッケローニ監督だ。

ザッケローニ監督が率いるUAE代表は、決して順調に勝ち進んできたのではない。決勝トーナメント1回戦では格下のキルギス代表相手に延長戦の末、勝利。

準々決勝では、前回王者のオーストラリア代表と対戦。空中戦で苦戦したが、相手のミスにも助けられ勝利した。

これでUAE代表は無敗で準決勝に進出。ザッケローニ監督は、今大会3勝2分と負け知らずだ。

そんなザッケローニ監督は、日本代表を率いていた時代も無敗でアジアカップで優勝を果たしている。つまり、ザッケローニ監督は、アジアカップ11試合を戦って無敗記録を更新中だ。

2010年の日本代表は苦戦しながらアジアカップを無敗優勝

(c)Getty Images

2010年、ザッケローニ監督にとって初戦の対戦相手は強豪国アルゼンチン。ホーム開催というアドバンテージがあったが、1-0で勝利した。そのため、日本では「アルゼンチン相手に勝てたのだからアジアでも勝てるだろう」という空気が漂っていた。

しかし、蓋を開けてみるとアジアカップ初戦のヨルダン戦はまさかのドロー発進。試合終了後、長谷部誠選手は「周りから見ていた人にワールドカップやその後のアルゼンチン戦のような必死さがないと言われても仕方がない」と話している。

2戦目以降は本来の日本代表を見せてくれたが、準々決勝から決勝まで数々のピンチに見舞われた。しかし、ピンチを乗り越え優勝を果たせたのは、控え選手もピッチに立てば結果を出したからだと言われている。

苦戦しつつも無敗を保ち決勝戦に進出する姿は、2019年のアジアカップを戦う現在の日本代表とも被るところがあるだろう。

森保ジャパンも2018年9月から無敗が続いている

(c)Getty Images

そんな日本代表も、2018年9月に森保一監督が就任してからは無敗が続いている。アジアカップ準決勝終了時点で、公式戦10勝1分と上々の戦績だ。

このままUAE代表が勝ち続ければ、決勝戦は無敗記録を持つ国同士の対戦になる。果たして、連勝記録の行方はどうなるのだろうか。

≪関連記事≫

堂安律、“大の巨人ファン”だった!満面の笑みで阿部慎之助のモノマネ

グラビアを交えて真野恵里菜を特集…ベトナムメディアの日本代表記事が斜め上

堂安律と霜降り明星・粗品の顔が似ていると話題!共に関西出身のスーパースターで日本の新エース

堂安律がおばたのお兄さんに似ていると話題に…おばたのお兄さん本人はツイッターでアジアカップ出場を否定

【アジア杯】オマーン戦出場の新成人・堂安律と冨安健洋、成人式欠席理由がカッコよすぎると話題に

堂安律が大阪に凱旋!代表のガンバ3ショットに反響「ただいまパナソニックスタジアム」

アジアカップ日本代表招集の大型DF冨安健洋、名字を間違えると「冨安警察」が出動?

柴崎岳と南野拓実がヒゲを生やす!トルクメニスタン戦のワイルドな風貌が話題に

サッカー日本代表・南野拓実が山崎賢人似のイケメンだと話題に…「端正な顔だけじゃなくプレーもイケメン」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします