【今週の決戦】ドーム連戦は、西武・外崎修汰 vs. ソフトバンク牧原大成の“同学年セカンド対決”に注目

 

【今週の決戦】ドーム連戦は、西武・外崎修汰 vs. ソフトバンク牧原大成の“同学年セカンド対決”に注目

ここまで8勝6敗の2位・埼玉西武ライオンズが、9勝3敗の首位の福岡ソフトバンクホークスを迎え撃つ2連戦。

18日の第1戦は、西武にとって5年ぶりの東京ドームでの主催試合となる(19日の2戦目はベルーナドーム)。前回、宮崎、鹿児島で行われた2連戦は1勝1敗だったが、果たして今カードではどうなるか。両チームの「セカンド」に注目したい。

◆「監督としては助かる」は本当か、クリーンナップの送りバントに物申す

■今季好調の外崎が昨季の借りを返すか

西武の二塁手は、外崎修汰

“山賊打線”の一員として2018年、19年のリーグ連覇に貢献した実力者だが、20年以降は打撃成績が下降線を辿り、昨季は132試合に出場して自身3年ぶりの2ケタ本塁打となる12本のアーチを放ったが、打率は.215と低迷した。

だが今季、開幕戦でいきなり猛打賞をマークすると、先週は2本のホームランを放ち、ここまで打率.273、2本塁打、6打点。不動の3番打者として存在感を見せている。前回のソフトバンク2連戦は欠場。昨季のソフトバンク戦で打率.138と抑え込まれた借りを、今回の2連戦で返す。

■牧原大成の安打量産に期待

一方、ソフトバンクの二塁手は、牧原大成だ。

育成ドラフト5位入団から2年目の2012年に支配下登録。一歩ずつ進化を遂げ、故障も乗り越えた末、昨季は自己最多の120試合に出場して打率.301、6本塁打、42打点をマークした。迎えた今季は開幕から正二塁手として全試合にスタメン出場し、ここまで打率.298、4打点の成績を残している。

前回の西武2連戦は5打数無安打だったが、昨季の西武戦は打率.348の好相性。今カードでの安打量産に期待だ。

Advertisement


大卒9年目の外崎と高卒13年目の牧原。ともに内外野をこなす万能性も魅力だが、今季の守備位置は二塁。そして、ともに1992年生まれの30歳。“同学年のセカンド対決”に注目したい。

◆大谷翔平に続く”二刀流”の潮目は本当に定着するのか 挑戦者をリスト・アップ

◆絶滅危惧種の“サブマリン” 侍ジャパンからも姿を消したアンダースローの系譜を継ぐ者はこの3選手

◆青木宣親が引退していれば33年ぶりに1位が入れ替わった生涯通算打率について

提供●Baseball Times