【MLB】大谷翔平、右手一本で161キロ技ありタイムリー二塁打 「いかに力強いかだ」と実況も感心しきり

 

【MLB】大谷翔平、右手一本で161キロ技ありタイムリー二塁打 「いかに力強いかだ」と実況も感心しきり
右中間へのタイムリーで二塁に到達した大谷翔平(C) Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は8日(日本時間9日)、本拠地で行われたヒューストン・アストロズ戦に「3番DH」で先発。3回にセンターへのタイムリー二塁打を放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、「いかに力強いかだ」と実況も感心しきり 右手一本で161キロ技ありタイムリー二塁打 

■2点ビハインドの3回に魅せた

第1打席はレフトフライに打ち取られた大谷だが、2点のビハインドで迎えた第2打席に魅せた。

3回1死一、二塁で迎えた場面、大谷は相手先ハンター・ブラウンの5球目のナックルカーブを捉える。体勢を崩れながらの一打となったが、打球速度100.3マイル(約161キロ)の打球はセンター前へ抜けた。ランナーを1人返すタイムリーとなり、ボールが右中間に転がる間に大谷は二塁に到達した。

これには実況も「片手になってしまったがカーブをうまく捉えこの打球。彼がいかに力強いかわかるもの」と感心しきりだった。

大谷はこれで2打数1安打となり打率は.298。打率3割復帰をを視界に捉えた。

試合は3回終了時、エンゼルスが3-3の同点に追いついたが、5回に再び勝ち越しを許した。

◆【実際の映像】大谷翔平、「いかに力強いかだ」と実況も感心しきり 右手一本で161キロ技ありタイムリー二塁打 

◆大谷翔平、177キロ大飛球はフェンス直撃同点タイムリー二塁打で打率は.303 2打席連続打に「ロケットだ」と実況も興奮

Advertisement


◆大谷翔平の超ムーンショット第7号は史上最高到達点49.4メートル、滞空時間6.98秒 被弾した元鷹戦士レイ「打たれた瞬間、やられたと思った」と脱帽

文●SPREAD編集部