ロッテ有吉が「白い雲のように」で入場する意外な理由とは?芸人有吉と奇妙な交流

千葉ロッテマリーンズに所属する有吉優樹投手は、先発・中継ぎでフル回転するチームの中心選手だ。そんな有吉投手と、お笑い芸人の有吉弘行さんが、過去にツイッター上で交流していた事をご存知だろうか。

有吉さんは、2018年にロッテ有吉投手へ初言及。

広島出身のため「血液に染み込んでいるカープファン」と前置きしながらも「同姓という特殊事情でロッテの有吉投手も応援しています」とエールを送っていた。

このツイートに対し、千葉ロッテの公式アカウントもツイートを返信。

「めちゃくちゃ嬉しいですね!有吉さん、ボク頑張って投げますので応援よろしくお願いします!」とロッテ有吉投手の写真を添えて喜びのコメントを返していた。

また、ロッテ有吉投手が2018年の初勝利を挙げた際は、有吉さんが祝福のツイート。

「同姓会万歳!!」と、ロッテ有吉投手に強い親近感を抱いている様子だった。

きっかけは涌井のイジり

有吉選手は2017年に千葉ロッテに入団し、1年目から先発・中継ぎで活躍。プロ3年目を迎える今年は井口監督からも期待されているようだ。

名字にちなんでか、有吉投手がホームの試合で登板する際の入場曲は猿岩石の「白い雲のように」。有吉さんの歌声にのせて颯爽とマウンドに上がる。

ちなみに「白い雲のように」を入場曲に決めたのは、千葉ロッテの先輩・涌井秀章投手。初めは後輩の有吉投手をイジるための選曲だったとのことだが、現在はすっかり定着している。

今シーズンも活躍し、有吉さんと交流する姿もたくさん見せてもらいたいものだ。

≪関連記事≫

千葉ロッテ・レイビン「私が新外国人No.1投手だ」と不敵な笑みで登場

生田斗真の「ありえない?」に大坂なおみが「アリエールでしょ」本気サーブ炸裂の新CM

羽生結弦、撮影休憩中は自分を象ったマドラーで一人遊び……?ロッテ「ホットガーナ」の新CMに出演

織田信成、現役復帰を問われ「気持ちは全て高橋選手に任せています」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします