【位置が高すぎる】栗原恵と荒木絵里香がパンフレットを掲げて販売のお手伝い

4月21日、JTマーベラスに所属する栗原恵選手が自身のインスタグラムを更新した。

栗原選手は、4月20日に千葉県で行われた「2018-2019V .LEAGUE ALL STER GAME」に出場。

その際、同い年でトヨタ車体クインシーズに所属する荒木絵里香選手とVリーグのパンフレット販売を手伝ったようだ。

両選手はパンフレットを掲げながら宣伝。その掲げた位置が「高すぎる」と話題になっている。

ファンが驚くのも無理はない。

栗原選手の身長は187㎝、荒木選手は186㎝これは、2010年の日本女子バレーボール界でもトップクラスの高身長だ(参考:2010年のV・プレミアリーグ女子の平均身長は約175cm)。

更に、今回はパンフレットを高く掲げている。両選手の指高から考えても、パンフレットは約240㎝程度の高さにあるといえよう。

240㎝を超える高さがあれば、女子のバレーボールネットの高さどころか、男子の243㎝のバレーボールネットの上からでもパンフレットを確認できるほどだ。

そんな驚愕の高さで手伝っていた2人も最終的には手を下ろし、通常の宣伝に切り換えていたようだ。

また、今回の投稿3枚目の写真では、東レ・アローズに所属する黒後愛選手も宣伝に参加。人気選手3人でオールスターを楽しんでいたようだ。

普段は違うチームに所属しているが、同い年の両選手の交流にファンも「 すごい組み合わせ」と喜んでいたよう。今後も高身長コンビの共演に期待したい。

≪関連記事≫

栗原恵、「#おなら銃」を発射する体勢に反響「スタイルが抜群で見惚れちゃいます」「脚長い」

ロコ・ソラーレと並んだ木村沙織・狩野舞子が大きすぎると話題「やっぱ私たち大きすぎなの?」

「これ見るだけで泣けてきます」木村沙織が旧知の戦友・荒木絵里香とハグを交わすシーンに反響

黒後愛がファンからの応援に感謝…かわいいルックスでも話題のエース


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします