【東京ダービー/3連単20点】中央馬優勢も“一筋縄でいかない” 1冠目は地方馬が穴演出、過去には3連単70万馬券炸裂も……

【東京ダービー/3連単20点】中央馬優勢も“一筋縄でいかない” 1冠目は地方馬が穴演出、過去には3連単70万馬券炸裂も……
東京ダービー2024の枠順

■地方馬のヒモ荒れに注視して馬券作戦を

羽田盃では中央勢4頭が参戦し、2番人気ブルーサンがシンガリ負け、3番人気ハビレが4着。3着には大井の8番人気フロインフォッサルが突っ込み、3連単は4万馬券。東京ダービーでも過去10年で6回、3連単10~70万円馬券が飛び出しており、ヒモ荒れを考慮した馬券作戦で行きたい。

穴候補の1頭目は、東京湾Cを制したマコトロクサノホコ。その前走は、上がり最速の末脚で後続に2馬身半差の快勝。門別から船橋に移籍後は、3勝2着1回と安定したレースぶりで、南関東勢では最上位の実力馬だ。ここで人気を落とすようなら妙味は十分。

2頭目は、高知の雄シンメデージー。地元では無傷の5連勝で、中央交流競走の足摺盃では、未勝利クラスの中央馬が相手とはいえ、後方から豪快に突き抜けるレースぶりは目を引いた。前走も園田遠征の西日本クラシックを快勝し、勇躍東上。さらなる強敵との対戦でも一泡吹かせる結果を期待したい。

そのほか、東京湾C2着のシシュフォスと、東京ダービーチャレンジ1着のイモノソーダワリデも少々。中央勢のもう1頭ハビレは、やや距離が長いとみて今回はバッサリ切る。馬券は、アンモシエラを1着、2着に固定した3連単フォーメーションで、ヒモ荒れに期待したい。

東京ダービー2024 結論・買い目

◎(7)アンモシエラ
◯(14)ラムジェット
▲(10)サトノエピック
△(2)マコトロクサノホコ
△(8)シンメデージー
△(3)シシュフォス
△(11)イモノソーダワリデ

3連単フォーメーション(20点)
1着:7
2着:14、10
3着:14、10、2、8、3、11

1着:14、10
2着:7
3着:14、10、2、8、3、11

◆【エプソムカップ2024予想/前走ローテ】ルメール騎乗でもレーベンスティールに“黄信号”か 穴なら「馬券内率60%」のGIII組

◆【エプソムカップ2024予想/血統展望】「昨年は3着以内独占」 “欧州の首領”が躍動するレースで狙いたい馬は?

Advertisement


◆【エプソムカップ2024予想/危険な人気馬】人気一角の重賞ウイナーは“消し” 立ちはだかる「0.0.1.43」の不穏データ

◆著者プロフィール

石川豊●いしかわゆたか
20代から競馬メディアに寄稿。「ユタカ人気」と言われた時代、武豊が騎乗する過剰人気馬をバッサリと切り捨てる馬券術を駆使し、年間回収率100%超に成功。以来、「1番人気の勝率は3割」を念頭に、残り7割の可能性を模索し、「危険な人気馬」理論を唱え続ける。

【随時更新】函館記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「万馬券必至」荒れる夏のハンデ重賞 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 先週「重賞W的中」絶好調◎をチェック

◆【高配当メソッド】ホウオウビスケッツら「馬券内率16.7%」該当で“波乱の予感” 4年前は3連単340万の夢馬券も

追い切り評価

◆【追い切り診断】巴賞組の一角に最高評価「S」 心身の充実を「陣営確信」か、中1週でも攻めの姿勢

◆【追い切り診断】想定“10人気”以下に「A」の高評価 稽古で走らないタイプが「珍しいほど気迫十分」

◆【追い切り診断】軽ハンデで“穴人気”に辛口「B」 洋芝に脚を取られた感あり「凡走に終わる」可能性

穴馬予想

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

データ分析・過去10年傾向

◆【枠順】上位人気勢に「0.0.1.28」の最悪データ 内枠有利も、外枠の実績馬は“買い”

◆【データ攻略】サヴォーナとホウオウビスケッツの「66 or 0%」 2頭の片方に“バッサリ消し”が浮上

◆【データ攻略】「3.1.4.0」合致の鉄板級ホース “厚く買える”想定4人気以下に軸馬のススメも

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

◆【血統展望】北の大地で覚醒する「ロベルトの血」 前走度外視可能の“想定7人気以下”は


◆【前走ローテ】巴賞組に「0.0.1.19」の不振データ 天皇賞・春組は「1.1.1.4」も好走は“条件付き”