名門・東海大バスケ部シーガルスOBが集合!意外な選手も…?

6月25日、アルバルク東京に所属する小島元基選手が、自身のインスタグラムを更新。母校である東海大学の体育館にて、小島選手と同じく東海大出身のバスケットボーラーたちと撮影した写真を投稿した。

この投稿をInstagramで見る

#seagullsnation #ありがとう🏀 #今年は勝ちました?

Genki Kojima 小島 元基さん(@kojimagenki1)がシェアした投稿 –

写真に写っているのは、寺園脩斗選手(三遠ネオフェニックス)、徳川慎之介選手(福島ファイヤーボンズ)、伊藤達哉選手(京都ハンナリーズ/19-20シーズンより大阪エヴェッサ)、中山拓哉選手(秋田ノーザンハピネッツ)、三ツ井利也選手(信州ブレイブウォリアーズ)、ベンドラメ礼生選手(サンロッカーズ渋谷)と、Bリーグで活躍するプレーヤーが並んだ。

東海大学の男子バスケットボール部・シーガルスは、大学の男子バスケットにおいては言わずも知れた名門校。小島選手の世代も例外ではない。

大学時代に一緒にプレーした仲間たちとの再会は、刺激的で充実した時間となったことだろう。

東海大OB以外の選手も!

シーガルスのOBが勢ぞろいしていた今回の投稿であったが、OB以外にも参加者が。

千葉ジェッツに所属する富樫勇樹選手も集合写真に写っている。富樫選手は高校卒業後に大学進学をせず、秋田ノーザンハピネッツに入団してプロのキャリアをスタートしている。

富樫選手の参加に、「トガシがいる」「あれぇ!?富樫くん!」とファンからも驚きのコメントが。

そのほかにも、青山学院大学出身で現在秋田ノーザンハピネッツに所属する野本建吾選手が「次は参戦じゃ!」とコメントしており、次回は東海大OB以外の選手も集まる機会となるかもしれない。

また、徳川選手の投稿には「#頓宮橋本いずこ」とハッシュタグをつけており、同じく東海大OBメンバーの頓宮裕人選手(京都ハンナリーズ)、橋本晃佑選手(リンク栃木ブレックス)の2人を呼びかけていた。

「#ここにいるよ」と橋本選手はコメントをしており、改めて東海大バスケ部OBの選手層の厚みが垣間見える集合写真の投稿となっていた。

《関連記事》

アルバルク東京メンバーがUNOで激闘! 笑いの絶えない「本当に負けられない戦い」

富樫勇樹・大塚裕土らがハワイを満喫!アクティブレストを楽しむ

富樫勇樹の童顔に驚き!「子どもフィルター」が仕事していないと話題に

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします