コリシとアードロン、観客が投げ込んだスマホで南アフリカとカナダの両主将が自撮り

『ラグビーワールドカップ2019日本大会』では10月8日、予選プールBの南アフリカ対カナダ戦が行われ、南アフリカが10トライの猛攻で66-7の勝利を収めた。

試合後には南アフリカ主将のシヤ・コリシ選手と、カナダ主将のタイラー・アードロン選手が、観客のスマートフォンを受け取り自撮りする対応を行った。

観客席から受け取った携帯電話で自撮り

ノーサイドの笛が吹かれて互いの健闘を讃え合う両チーム。2人のキャプテンは観客に挨拶するためスタンドに近づいた。そこでコリシ選手が観客からスマートフォンを受け取り、自分とスタンドが一緒に写るように自撮り

アードロン選手も観客席から投げ込まれたスマートフォンをキャッチ。同じように自撮りした後に投げ返す

両キャプテンの対応には「微笑ましく、本当に素敵なシーンですね」「すごく良いシーンでした」「スポーツマンとして、凄すぎる」などの声が寄せられている。

投げられた携帯電話の安否は?

このシーンをフランスの日刊紙『ル・フィガロ』も電子版で伝えたが、その記事は「携帯電話が無事に所有者の元に戻ることを願う」という一文で締めくくられた。

「スマホが飛び交うシーンにはらはらしてました」「凄いファンサービス。携帯大丈夫か?」など、スマートフォンの安否が気になる人もいたようだ

≪関連記事≫

トーマス・デュ・トイ VS 日本の小学生30人で綱引き対決 勝負の行方は?

オールブラックス・バレット3兄弟、カナダ戦で史上初の快挙「少年時代の夢が叶った」

カナダ代表 エリック・ハワードが厩務員から代表選手になるまで 憧れたニュージーランド戦のピッチ

カナダ代表で日本の浴衣が流行 ジョシュ・ラーセン「いつも着ていたい」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします