フランス代表がファンゾーンに登場「熊本のファンに感謝」 サイン会も実施

『ラグビーワールドカップ2019日本大会』で熊本に滞在中のフランス代表は、10月8日にファンゾーンを訪問。サイン会や写真撮影を行った。

フランス代表公式ツイッターが「今日の午後、熊本のファンに感謝を伝えるためファンゾーンに行きました」と4枚の写真をアップしている。

熊本で決勝トーナメント進出を決める

6日、フランス代表は熊本市のえがお健康スタジアムでトンガ代表と対戦。粘る相手を振り切り23-21で勝利した。

これが今大会の熊本会場初戦とあって当日は大盛況。熊本の人気者くまもんも駆けつけて大会を盛り上げた。

この勝利でフランスは決勝トーナメント進出を決めている。

選手とサポーターの両方に笑顔

トンガ戦を終え、熊本のファンに感謝を伝えにやって来たというフランス代表。ツイッターでは「選手とサポーターの両方に笑顔があった」と選手たちもファンとの触れ合いを楽しんだ様子が綴られている。

バティスト・サラン選手はサイン中の自分をじっと見つめる少女の写真をシェアした。

≪関連記事≫

マクシム・メダルが愛娘と再会 微笑ましいオフショットに反響

ラグビーフランス代表が熊本で餅つき体験!カツラに浴衣のフル装備で「日本文化に触れました」

トンガ代表サポーターのシャツに「高知家」 事前キャンプで高知の魅力を満喫

ガンを克服したトンガ代表ナシ・マヌ、試合後に家族と語らう姿が感動を呼ぶ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします