ラグビーフランス代表が熊本で餅つき体験!カツラに浴衣のフル装備で「日本文化に触れました」

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』に参加中のラグビーフランス代表浴衣と餅つき体験。日本の文化を楽しんだ。

フランスラグビー連盟公式ツイッターが公開した動画では、マクシム・マシュノー選手とマクシム・メダル選手が杵を持ち、逞しい腕で何度も餅をつく様子が見られる。

軽々と杵を使う様子にファンからは「あっという間に餅になってるし、さすがです」「速い(笑)」「すごい餅が出来そう」などのコメントが寄せられたほか、カツラを被ったマシュノー選手に「ちょんまげのヅラは楽しみ過ぎたろう」「ん?よーく見ると頭が、、ちょっ(笑)」とツッコミを入れる声もあった。

マクシム・メダル「日本文化に触れました」

餅つきを体験したメダル選手は自身のインスタグラムを更新し、イベントの様子や地元の人と触れ合う姿を公開した。写真には「日本文化に触れました」とコメントが添えられている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

À la découverte de la culture Japonaise. 🇯🇵🇨🇵 #RWC2019

Maxime Médardさん(@maxmedard)がシェアした投稿 –

フランス代表は10月6日のトンガ戦に向け熊本に滞在中。25日には、熊本県中学選抜を対象にしたギエム・ギラド主将とコーチ2名によるラグビー教室が開かれ、子供たちを熱心に指導した。

≪関連記事≫

カナダ代表で日本の浴衣が流行 ジョシュ・ラーセン「いつも着ていたい」

オールブラックスが東京の街を満喫 ラーメン作りにも挑戦

サンティアゴ・アラタのスーパートライをマリオカート風に演出 スターを取った「無敵状態」

福岡堅樹を愛猫も応援!日本代表ジャージを着用した姿に「可愛い」の声

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします