カナダ代表 ジョシュ・ラーセン、試合後に相手ロッカーを訪問し危険なプレーを謝罪 南アフリカも粋な対応で返す

ラグビーワールドカップ(W杯)でまたひとつ印象的なシーンが生まれた。10月8日に行われた南アフリカ対カナダ戦後、カナダのジョシュ・ラーセン選手が南アフリカのロッカールームを訪れ、レッドカードになった危険なタックルを謝罪した。

大会公式ツイッターがその様子を動画で紹介すると、ファンからも「こういうスピリッツがあるのでラグビーは大好きだ」「真のスポーツマンシップ」「試合が終われば敵味方なく、まさにスポーツマンのあるべき姿」と称賛が寄せられた。

南アフリカのリアクションにも注目

南アフリカのロッカールームを訪れたラーセン選手は「謝罪するためにここに来ました」と話し始める。

「レッドカードを出した自分にとてもがっかりしています。ここに来て皆さんに直接謝りたかったんです。残りの試合、皆さんの健闘を祈っています」

この真摯な謝罪に、チャージを受けたトーマス・デュ・トイ選手は笑顔で握手。南アフリカ代表の選手たちからは「ビール! ビール!」のコールが拍手と共に起こり、ラーセン選手に飲み物が手渡された。

この南アフリカ側の対応にも「(まぁ、飲めよ) 的な歓迎の仕方もカッコいい」「直接謝罪に来たお礼に飲み物を渡す優しさ」と注目が集まった。

≪関連記事≫

カナダ代表で日本の浴衣が流行 ジョシュ・ラーセン「いつも着ていたい」

トーマス・デュ・トイ VS 日本の小学生30人で綱引き対決 勝負の行方は?

コリシとアードロン、観客が投げ込んだスマホで南アフリカとカナダの両主将が自撮り

カナダ代表 エリック・ハワードが厩務員から代表選手になるまで 憧れたニュージーランド戦のピッチ

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします