ワールドラグビー会長、日本代表の躍進に言及 「彼らの偉業を誇ることに、ラグビーに詳しいかは関係ない」

CHOFU, JAPAN - OCTOBER 20: Japan's players huddle after the game during the Rugby World Cup 2019 Quarter Final match between Japan and South Africa at the Tokyo Stadium on October 20, 2019 in Chofu, Tokyo, Japan. (Photo by Lampson Yip - Clicks Images/Getty Images)

10月23日、ワールドラグビーのビル・ボーモント会長は『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』の公式ツイッターを通し、動画でコメントを発表。

本大会で史上初のベスト8進出を果たした日本代表には「本当に驚きです」と賛辞の言葉を送り、日本ラグビーのさらなる発展についても語った。

逆境を乗り越えての偉業に「感動しました」

コメントの冒頭でボーモンド会長は日本のファンについて「信じられない程にこの大会を受け入れてくれました」とした上で、その背景にある日本代表の活躍を振り返った。

日本代表がベスト8進出を決めた10月13日のスコットランド戦については、「日本代表が出てきたときには感動しました。何故なら台風が過ぎ去ったのは、そのたった数時間前のことでした」と、台風19号による逆境を乗り越えての快挙だった点にも言及した。

彼らの偉業を誇ることに、ラグビーに詳しいかは関係ありません

日本ラグビーの発展へ協力を示唆

またボーモンド会長は、日本ラグビー協会で現在議論されているプロリーグの創立についても触れ、「より強い国内リーグを作ることで より優れた選手を国際舞台に送り出せます」とする。

「我々が日本の声にも耳を傾けることが重要」「彼らの望み聞き、その実現に力を貸せないかと」と協力を示唆した。

≪関連記事≫

ムタワリラが稲垣啓太と固く握手 「謝罪する機会を得られて嬉しい」「日本は素晴らしいホスト国」

流大とデクラークがユニフォーム交換 「彼のようなプレーヤーにならないと」

ヴィンピー・ファンデルヴァルト「すべてのサポートに感謝」 日本代表として戦った出身国・南アフリカとの一戦

流大、ジェイミー・ジョセフHCに感謝「あなたと一緒に戦えて誇らしい」


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします