権田修一、安西幸輝が出資 憧れの選手からオリジナルメッセージが届くサービスを提供

ポルトガルのポルティモネンセSCに所属する権田修一選手、安西幸輝選手が株式会社PASUに出資した。

同社のサービス「PasYou」では、憧れの選手から『あなただけ』に向けた完全オリジナルメッセージが届く。メッセージはファンのリクエストを元にビデオレターとして届けられる。

特に『誕生日や結婚式などのお祝いメッセージを贈りたい!』 『子供や友人を励ましたり、鼓舞するようなメッセージを贈りたい!』 『自分への応援メッセージが欲しい!』という要望が多い。

権田修一、安西幸輝 コメント

権田修一

(PUSE代表の)谷口は、元々サッカー選手を目指していて。ヴェルディユースという、Jリーガーを数多く輩出してる名門に行っていて、本気でそこを目指していて。でもサッカー選手にはなれなかった。

そんな過去のある彼が、僕らサッカー選手になった人たちを、プレーヤーじゃない部分でサポートしようとしてくれている。サッカー選手になれなかった人は、だいたい燃え尽きてしまって、サッカーから離れてしまうし、ヴェルディユースとかのレベルでやってたような人は、関わりたくないって思うのが普通なのに、彼はサッカー界のために、アスリートのために、スポーツのために、貢献しようとしてくれていた

だからこそ彼の活動を応援しようと思い、出資とサービスに参加する形で協力しようと考えました。

安西幸輝

このサービスを聞いたときに、頭に思い浮かんだのは、小学6年生のナショナルトレセンの時に、内田篤人選手に声を掛けられたことです。

その時の言葉は、日々の練習や、中学生の時に味わった挫折を乗り越える際に、とても大きな力になりました僕自身がそういう選手になりたい、という思いもありますし、そういう体験をいろんな人にしてもらえる「場所」っていうのは、すごく意味のあることだな、と思います。

そこで、出資という形でも、自分が言葉を届ける存在として参加するという形でも協力しようと考えました。

≪関連記事≫

冨安健洋、本田圭佑、乾貴士らが“一人でも室内でも”取り組めるゲームや練習を公開「#いまスポーツにできること」

中村憲剛の「止めて蹴る」にプロも唸る お手本動画に反響

中田英寿、輸出困難な銘柄「ヨーグルト酒」の魅力を発信 「キットカットミニヨーグルト酒」をプロデュース

横浜F・マリノス、オフィシャルスーツ撮影メイキングを公開 チアゴ・マルチンスはネクタイに一苦労

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします