富樫勇樹と馬場雄大が『S☆1』に出演 日米バスケの今と未来を語る

4月25日深夜放送の『S☆1』にバスケットボール日本代表の富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)、馬場雄大選手(テキサス・レジェンズ)が生出演する予定。

富樫選手は2013年に当時bjリーグに所属していた秋田ノーザンハピネッツに入団してプロデビュー。身長167センチとバスケットボールでは不利とされる小柄な体格ながら、高い技術とスピードで相手選手を翻弄して活躍。

2014年からはNBAの舞台に挑戦するため渡米。アメリカではダラス・マーベリックス傘下のレジェンズでプレーした。2015年に日本復帰してからは千葉でプレーしている。

(c)Getty Images

馬場選手は筑波大学在学中の2017年にBリーグのアルバルク東京と契約してプロデビュー。身長198センチの上背を生かした豪快なダンクでスタンドを沸かせた。

2019年7月にマーベリックスの一員としてNBAサマーリーグに挑戦すると、9月には同チームから正式オファーを受けた。

現在はレジェンズでプレーしながらNBAデビューを目指している。

(c)Getty Images

番組では富樫選手、馬場選手が日米バスケの今と未来について語るほか、2人が選んだ日米バスケの厳選プレーも紹介される予定。

放送は4月25日24時30分。TBS。

≪関連記事≫

富樫勇樹、五輪延期に「中止じゃなく安心」 新型コロナ収束後の開催に向けコメント

井上尚弥、松島幸太朗が富樫勇樹の試合を観戦 トップアスリート間での交流

馬場雄大、シェーファーアヴィ幸樹がRADWIMPS野田洋次郎と対面

アルバルク東京・馬場雄大が駆け抜けたプロ1年目…濃密なシーズンに「様々な経験をさせて頂きました」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします