MLBの開幕遅れはエンゼルスに有利? 米メディアが予想、理由は“投手・大谷翔平”の存在

メジャーリーグ新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕延期が続いている。リーグは6月の開幕を目指しているが具体的な日程は決まらない。

通常より約2ヶ月間シーズンが短くなるため、仮に開幕できたとしても162試合をフルに戦うことは難しい。

米国メディア『スポーツ・イラストレイテッド』は、もし今シーズンが81試合制で争われたらと予想した。

もし最初からシーズンが81試合しかないと分かっていれば、より短い期間より少ない試合数を念頭に置いた戦い方になる。そうした影響を良い方向に受けるチームとして『スポーツ・イラストレイテッド』は4球団の名前を挙げた。

そこには大谷翔平投手が所属するロサンゼルス・エンゼルスも含まれている。

開幕延期で大谷翔平の準備はできている

(c)Getty Images

2018年10月にトミー・ジョン手術を受けた大谷投手。2019年は打者としてのみの出場となり、2020年もシーズン序盤の登板はできない見通しだった。

『スポーツ・イラストレイテッド』も「エンゼルスは大谷翔平がマウンドに上がることなく、今シーズン最初の50試合か60試合を戦わなければならないと考えていた」と“投手・大谷”不在の影響を指摘する。

しかし開幕が延期されたことで、エンゼルスはシーズンを通して大谷投手を投打で起用することが可能になる。

「現在、大谷は当初のスケジュールどおり、週に2回ブルペンで投げており、すぐに打者相手に投げるはずだ。シーズンが始まれば彼は準備ができているだろう

≪関連記事≫

大谷翔平ってどんな人? メジャーリーグのルールも変えたと言われる「二刀流」の活躍

メジャー通算251勝のCC・サバシア、これまで見た中で最高の野球選手は「大谷翔平」

大谷翔平、昨シーズンの反省やメンタルコントホール術を語る 特別インタビューが公開

渡邊雄太、LAで過ごした「濃い」1週間 大谷翔平や八村塁との写真も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします