流大、中村亮土、姫野和樹がテレビ電話 「いつかまたファンの皆さんの前で」

2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本代表から流大選手、中村亮土選手、姫野和樹選手が5月12日配信の『DAZN ダイアリー Talk ZONE #9』に出演する。

日本代表史上初のW杯ベスト8進出を果たし、日本中に熱いラグビーブームを巻き起こした代表戦士たち。その勢いはジャパンラグビートップリーグにも追い風となった。開幕節から多くの会場が満員となり、観客動員記録を塗り替えていく

だが、2020年に入ると新型コロナウイルスの感染拡大により、トップリーグは開催が困難な状況に追い込まれる。3月23日にリーグは正式に今シーズンの打ち切りを発表した。

再開を心待ちに「準備しておくだけ」

DAZN公式ツイッターに公開された予告動画では、姫野選手が満員の開幕節を振り返って「これだけの人が来るんだって嬉しい思いが強かったですね」と感慨に浸る。

姫野選手は特技のけん玉も披露。自身のツイッターでも自宅待機中の過ごし方として動画を上げており、けん玉の腕前には自信があるようだ。

流選手からは「いつかまたファンの皆さんの前でプレーできることを心待ちにして、準備しておくだけだと思います」と明るい未来に希望を抱くコメントもあった。

『DAZN ダイアリー Talk ZONE #9』は5月12日配信開始予定。

≪関連記事≫

姫野和樹、流大、中村亮土らがステイホームを呼びかける動画が公開 オールブラックス経験者も登場

トップリーグの残り試合が中止 選手たちは決定に理解「残念ですが仕方ない」

流大、トップリーグ延期もサンウルブズの応援を呼びかけ 小倉順平は2017年以来のスーパーラグビー復帰

サントリー中村亮土は“相棒”ラファエレ・ティモシーとの対決を心待ちに

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします