【競馬】川崎記念、「大井の帝王」オメガパフュームに挑む伏兵たち

2021年、GIの幕開けとなる川崎記念(川崎・ダ2100m)は、昨年のJRA賞最優秀ダート―ホースチュウワウィザードサウジカップへ遠征することになったため、東京大賞典3連覇のオメガパフュームにとっては負けられない一戦となる。しかし、地方の雄新興勢力など“大井の帝王”に待ったをかける存在も。果たして、今年最初のビッグレースを制するのは―。

◆チュウワウィザード、世界最高賞金レース・サウジCの招待受諾

■オメガパフュームのレースはいかに……

昨年暮れの東京大賞典で、史上初の3連覇を果たしたオメガパフューム(牡6歳、栗東・安田翔)の“1強”ムード。昨年は4戦して2勝2着2回と大崩れすることなく走っており、6歳を迎えても充実一途。JBCクラシックでは2着に敗れたものの、ミューチャリーダノンファラオデルマルーヴルといった、今回対戦するメンバーには大きく先着しており、すでに勝負付けは済んでいる。過去10年、川崎記念の1番人気は【7-3-0-0】とパーフェクト連対。本馬の1番人気は濃厚で、データ面の後押しも大きい。

しかし、唯一気がかりなのが、左回りに実績がない点。右回りは【9-4-1-0】とすべて複勝圏内の成績であるのに対し、左回りは【0-1-1-3】と勝ち星すらなく、取りこぼす危険性も残されている。初めての川崎への参戦で、コーナーを6回通る小回りコースへの対応もカギを握りそう。そのあたり、中間は手前のバランスが良くなるような調整を施し、調教通りの走りができれば問題はなさそうだが、自信をもってアタマ勝負、とは言い切れない。

■カジノフォンテンやロードブレスが王座を狙う

ここは逆転の目を期待して、地方のカジノフォンテン(牡5歳、船橋・山下之)を中心視したい。東京大賞典では、オメガパフュームにクビ差の2着と、あわや大金星の走りを披露。展開が有利に働いた面もあるが、初めてのGIで中央馬相手でも十分に戦えることを証明できた。船橋所属ながら、川崎では【3-0-0-1】とコース適性も高く、大井2000mよりも明らかに舞台は好転。しかも、母のジーナフォンテンは、2003年のエンプレス杯覇者で、川崎記念でも3着に入ったことのある実力馬。ここは母が敗れた舞台で、息子が雪辱を果たす時だ。

新興勢力で不気味なのが、中央のロードブレス(牡5歳、栗東・奥村豊)。3歳時は芝で1勝のみの成績だったが、昨年1月にダートへ矛先を変えてからは【5-1-0-1】と、適性の高さを見せている。重賞初挑戦の日本テレビ盃を制し、前走の浦和記念もGI馬ダノンファラオにハナ差の2着と、見せ場十分の内容。どの条件でも、どの競馬場でも力を発揮できるようになってきたし、2100mも東京で経験済み。小回りコースへの対応力もあり、鞍上にC.ルメールを配し、虎視眈々と頂点を狙っている。

◆川崎記念の枠順・中継情報等 オメガパフュームは7枠8番

昨年のジャパンダートダービーを制し、世代の頂点に立ったダノンファラオ(牡4歳、栗東・矢作)は、実績的には軽く扱えないので、相手には入れておきたいところだが、前走の東京大賞典では12着に大敗するなど、少し気ムラな面があり、成績が安定しないタイプ。買い時が難しい馬で、上位人気になるようなら、思い切ってバッサリ切るのもアリだろう。

むしろ、昨年の川崎記念3着馬デルマルーヴル(牡5歳、美浦・戸田)と、4着馬ミューチャリー(牡5歳、船橋・矢野義)のほうに食指が動く。前者は近3走、思うような結果は出ていないが、前走の東京大賞典は、意識的に脚を溜めるレースで、展開こそ向かなかったが、終いの伸び脚は目立っており、悲観する内容ではなかった。後者も東京大賞典では0秒2差の5着と、中央勢を相手に互角の走りを披露。ともに相性のいい舞台で一角崩しを期待したい。

結論としては、オメガパフュームの取りこぼしを期待しつつ、カジノフォンテンからの長打狙い。両馬を1、2着に据えた3連単流し、あるいは3連単2頭軸マルチで、ロードブレスデルマルーヴルミューチャリーあたりを相手に据えて勝負したい。

【競馬】東京大賞典はオメガパフュームが接戦を制し3連覇達成

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、盲点となる穴馬の発掘を追求し続けている。

twitterアカウントはこちら⇒『SPREAD』編集長・山田


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします