【プロ野球/打のキーマン】ロッテ・マーティン、際立つ2打席目以降の集中力 注目はオリ宮城大弥の「7イニング目」

(C)Getty Images

16日のプロ野球は、セ・リーグでは阪神陽川尚将のホームランなど9安打6得点を挙げ、巨人に勝利。2位との差を4.5ゲーム差まで広げた。また、ヤクルト・村上宗隆は初回に中日・柳裕也からホームランダービー単独トップの11号2ランを放った。

パ・リーグでは、ロッテが初回に荻野貴司>マーティン佐々木朗希を援護するも、試合は引き分けに終わった。楽天・島内宏明オリックス戦で決勝ホームランを放ち、ドラ1ルーキー・早川隆久のプロ初完封勝利をアシストした。

ここでは打者vs投手の対戦データなどから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

◆【パ・見どころ】ソフトバンクは苦手の西武に勝ち越し、上位追撃なるか

■4月18日の対戦で先制となるタイムリーを放つ

ロッテ・マーティン vs オリックス・宮城大弥

16日の西武戦では、2本の本塁打を放つなど3安打3打点の猛打賞と活躍。先発・宮城大弥とは、打席数は少ないものの、4月18日に対戦しており、先制となる二塁打を放っている。オリックス戦も打率.306と相性が良い。今季のマーティンは、2打席目~4打席目で打率.305、7本塁打と安定している。宮城のイニング別失点は7回が最多となっていることもあり、勝負の分かれ目は3打席目以降か。

21年 .500 2 1 0 0 0
20年 未対戦
19年 未対戦
18年 未対戦

■18年には6打数3安打とヒットを量産

楽天・鈴木大地 vs 日本ハム・金子弌大

日本ハム・金子弌大とは、4月18日に対戦して同点の起点となるヒットを放つなど2打数2安打。過去3年で見ても12打数4安打と得意にしている。打線のつなぎ役としてチームの勝利に貢献したい。

21年 1.000 2 2 0 0 1
20年 .333 3 1 0 1 1
19年 .000 3 0 0 0 0
18年 .500 6 3 0 2 0

■過去2年の対戦打率.444

中日・福田永将 vs DeNA・大貫晋一

DeNA戦の打率.267も、先発・大貫晋一とは過去2年で打率.444と高打率を記録。4月20日にもヒットを1本放っており、チームは引き分けを挟んで3連敗中と流れは悪いだけに、福田のバットで勝利に導きたいところ。

21年 .333 3 1 0 0 0
20年 .200 5 1 0 1 2
19年 .750 4 3 1 1 1
18年 未対戦

◆【セ・見どころ】ヤクルトに負け無しの首位・阪神 若き4番対決に注目

◆【セ・今週の注目打者】4番がチームを浮上させる DeNA・佐野恵太は中日戦は打率.387

◆【パ・今週の注目打者】オリックス・杉本裕太郎の第1打席に注目 打率.357の4ホーマー

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします