【プロ野球/今週の注目打者】オリックス・杉本裕太郎の第1打席に注目 打率.357の4ホーマー

本塁打2位の8本、打率.303の4位とチームを牽引している。11日の日本ハム戦では、第1打席に東京ドームの看板直撃弾を放つなど1安打3打点の活躍。先発・宮城大弥を援護した。京セラドームの打率は.269も、ロッテ戦は.385とハイアベレージをマークしている。

チームに勢いをつける一打を放ち、本塁打と打率ともに上げたいところ。

◆【セ・今週の注目打者】4番がチームを浮上させる DeNA・佐野恵太は中日戦は打率.387

和製大砲は第1打席に強い

身長190センチ、体重104キロを誇るプロ6年目の和製大砲が、ブレイクのシーズンを過ごしている。4月8日に今季1号弾を放つと、同16、17日のロッテ戦(京セラドーム大阪)で2試合連続本塁打。

その後も好調を維持し、5月7日のロッテ戦(ZOZOマリン)で2打席連発弾、さらに同9、11日と再び2試合連続本塁打と爆発し、5月17日時点で36試合出場で打率.303、8本塁打、22打点をマーク。昨季まで1軍通算76出場で通算9本塁打だったが、その数字をクリアするのは間違いない状況となっている。

その杉本の今季の成績上の特徴の一つに、「第1打席の強さ」がある。今季の全打席を打席数別に分けて見ると、1打席目が28打数10安打の打率.357、出塁率.471を誇っており、計4本のアーチも放っている。

先週の5試合では、打率.150(20打数3安打)、1本塁打、5打点と“大人しかった”が、ロッテ(今季対戦打率.385、6本塁打、10打点)、ソフトバンク(今季対戦打率.346、0本塁打、0本塁打)と相性の良い相手と対戦する今週は期待したいところ。チームの借金完済に期待がかかる1週間になる。

◆【パ・見どころ】ソフトバンクは苦手の西武に勝ち越し、上位追撃なるか

◆【セ・見どころ】ヤクルトに負け無しの首位・阪神 若き4番対決に注目

◆【パ・打率TOP5】好不調トレーダー 楽天・田中将大から逆転弾の吉田正尚 5月打率.438と無双状態へ

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします