JRスミス、レイカーズ移籍のレブロン・ジェームズにお別れ「ありがとう兄弟」

マイアミ・ヒートでNBAファイナルを連覇し、故郷のクリーブランド・キャバリアーズをNBA王者にする悲願も達成したレブロン・ジェームズ選手は、次の挑戦として名門復活を掲げるロサンゼルス・レイカーズでのプレーを選択した。

低迷するチームを再建して再び競争力のあるチームにするため、レイカーズは数年計画でプロジェクトに取り組んできた。その起爆剤にして柱となれる存在がジェームズ選手だ。

キャバリア―ズとの契約最終年を条項に則って破棄したあと、フリーエージェントになったジェームズ選手には複数の球団からオファーがあった。

しかし、レイカーズの本拠地があるロサンゼルスはジェームズ選手が好み家も所有している街で、家族の生活を考えても環境面に申し分なく、何よりOBで球団社長のマジック・ジョンソンさんが自らジェームズ選手の家を訪問して復活プロジェクトを説明した。

あらゆる条件が組み合わさってレイカーズは他の球団に先んじることができた。

JRスミスが惜別のメッセージ

キャバリア―ズに4年連続NBAファイナル進出、そして優勝1回の置き土産を残していったジェームズ選手に、チームメイトだったJRスミス選手が「ありがとう兄弟」とインスタグラムでメッセージを送った。

コート上に倒れたジェームズ選手をスミス選手、トリスタン・トンプソン選手が手を貸して助け起こす写真が添えられている。

スミス選手の投稿にファンからも「“キング”レブロン・ジェームズは世界最高の選手」「優勝リングをありがとう」「ありがとうレブロン。あなたのおかげで素晴らしいシーズンを過ごすことができたよ」「彼は私たちを導いてくれた」など、感謝の声が多く寄せられている。

Thanks bro @kingjames

JR Smithさん(@teamswish)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

ハメス・ロドリゲスってどんな人?私生活や人柄に迫る…好きなNBA選手はレブロン・ジェームズ

イブラヒモビッチの身長でも小さく見える!NBAの巨人シャキール・オニールがデカ過ぎ

いまも色褪せない”神様”マイケル・ジョーダンの凄さとは…実は一度引退して野球選手になっていた過去も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします