初の海外挑戦となる遠藤航、新たな本拠地の感想は?

ベルギー1部リーグのシントトロイデンに移籍した遠藤航選手が、SNSを更新してベルギー到着を伝えた。

新たな本拠地に着いた遠藤選手は「落ち着いていて住みやすそうな街ですよ」と印象を綴っている。

チームには冨安健洋、関根貴大も在籍

FIFAロシア・ワールドカップ(W杯)に日本代表の一員として参加した遠藤選手だが、4試合で出場時間はなくW杯のピッチに立つことはできなかった。

この悔しさをバネにして4年後のカタールW杯でプレーするため、日本を遠く離れ欧州でチャレンジすることを選んだ。

シントトロイデンは日本のDMMグループが2017年11月に経営権を取得しており、2018年7月には日本のゲーム会社レベルファイブとオフィシャルスポンサー契約を結んだ日本とも縁のあるチーム。

チームには遠藤選手のほかに元アビスパ福岡の冨安健洋選手元浦和レッズの関根貴大選手も所属しており、初めての海外挑戦にはいい環境が整っている。

いよいよ始まる遠藤選手の欧州生活にファンからは、「わたる、頑張れよー!!」「頑張ってください!!応援しています」「チャレンジする男はカッコいい。がんばれ 航!」「新天地でも応援してます!頑張って下さい」「関根くんと2人で躍進すること期待してます!」など、激励のコメントが多く寄せられている。

≪関連記事≫

森保ジャパンのメンバーは全くの新しい顔ぶれに…カタールW杯で対戦するライバルたちにも注目

浦和レッズ・柏木陽介、海外移籍の遠藤航に惜別メッセージ「寂しいけど、夢を叶えるって素晴らしいこと」

出場機会なしに終わった遠藤航、この経験は今後の成長に活かす

遠藤航は家族の存在が力に?代表合宿中も子供たちの写真にほっこり

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします