【甲子園】二松学舎・山田将義のスーパープレイに「本当に1年か?」とネットざわつく

第100回全国高校野球選手権大会は8月12日に8日目が行われた。

第1試合では二松学舎大付(東東京)が昨夏準Vの広陵(広島)と対戦して5-2の勝利を収めた。

地方大会では24盗塁をマークした広陵だったが、二松学舎の1年生キャッチャー山田将義捕手に阻まれ機動力を活かすことができなかった。

最初の盗塁を刺して主導権を握る

山田捕手と広陵の対決は初回いきなりやってきた。俊足で知られる広陵の2番・吉岡広貴選手が安打で出塁し、2アウト一塁から二盗を狙うと山田捕手は外に外したボールをすぐさま二塁へ。矢のような送球でランナーを刺す。

機先を制したことにより広陵に足を使いにくくさせ、試合の主導権を早い段階で握ることができた。

このプレーにSNS上では「1年の肩じゃねぇよ!!」「肩いいね」「ナイスアシスト!」など、並の高校1年生ではないと驚きの声が寄せられた。

初回を無失点に抑えた二松学舎は裏の攻撃で1アウト一、二塁から保川遥選手が先制の2点適時打。

中盤に追いつかれるが七回に先頭の有馬卓瑠選手が安打、山田捕手の犠打がフィルダースチョイスを誘い、岸川海投手が犠打で進めた走者を右田稜真選手の2点適時打が迎え入れた。

保川選手にも適時打が出てリードを3点に広げた二松学舎が反撃を封じた。

1年生ながらU-15主将も務め経験は豊富

これまで侍ジャパンU-12代表、同U-15代表に選出され2017年のU15アジア選手権では4大会ぶり2度目の優勝も果たした山田捕手は、初の甲子園でも最後まで落ち着きを見せ堂々とプレーした。

その姿に「1年生だけど場数踏んでるんだな」「何なのあの落ち着きようわ」「マジでセンスの塊って感じ」など絶賛と驚きの目が向けられている。

昨夏は広陵が中村奨成捕手(広島カープ)の攻守にわたる大車輪の活躍で決勝まで進んだ。

山田捕手と二松学舎が今後どこまで勝ち上がれるか注目だ。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

【甲子園】済美が史上初の逆転サヨナラ満塁ホームラン!劇的な展開で校歌の「やればできるは魔法の合いことば」に再び注目

【甲子園】報徳・小園海斗が初戦から無双状態…二塁到達タイムはプロでもトップクラスの速さ

報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

【甲子園】明石商・田渕翔は笑顔で甲子園を去る…1試合でファンになった人が続出

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします