大阪桐蔭の人気がハンパないと話題に…「2回戦でも満員」「プロ野球球団レベル」

第100回全国高校野球選手権大会9日目の第1試合で、大阪桐蔭(北大阪)と沖学園(南福岡)が対戦。

大阪桐蔭は、藤原恭大選手と根尾昂選手に本塁打が飛び出すなど打線が爆発し、10-4で快勝した。

大阪桐蔭は前評判通りの強さを見せつけているが、それと共に話題となっているのが異様なまでの“大阪桐蔭人気”だ。

プロからも注目を集める将来のスター候補生が多数いることや、甲子園に程近い大阪の代表校という地の利などがあるにせよ、とにかくその人気ぶりは凄まじい。

SNS上でも大阪桐蔭の人気ぶりに言及する投稿が相次いでいた。

桐蔭の人気、恐るべし…

この他にも、「集客力はもはやプロ野球球団レベル」「清原、桑田がいた頃のPL学園の人気も凄かったが、それ以上じゃないか」など、多くの高校野球ファンからの声が寄せられていた。

注目されている藤原選手や根尾選手が期待通りの活躍を見せ、3回戦に進出した大阪桐蔭。昨夏の3回戦では仙台育成(宮城)との対戦で、逆転サヨナラ負けを喫している。

昨夏の悔しさを晴らし、史上初となる2度の春夏連覇を達成することができるだろうか。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

【甲子園】桐蔭・根尾昂のパワプロ応援歌がかっこよすぎる…人気バンドKEYTALKのメンバーも絶賛

【甲子園】大阪桐蔭・柿木蓮は脅威の高校生!いろいろと“プロ並み”だと話題に

【甲子園】沖学園は最後まで清々しく…大阪桐蔭に敗れるも「ありがとう高校野球」の言葉に感動の声

【甲子園】二松学舎・山田将義のスーパープレイに「本当に1年か?」とネットざわつく

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします