【バスケットボール】五十嵐圭、群馬クレインサンダーズ電撃移籍の真相を語る Bリーグ優勝の夢を叶えるため

群馬クレインサンダーズに移籍した五十嵐圭(写真:編集部)

五十嵐圭は、新潟の地でユニフォームを脱ぎキャリアを終えるものだと思っていた。しかし、悲願のB1昇格を果たし、新たな舞台での挑戦が幕を開ける群馬クレインサンダーズに移籍。2021-22のシーズンを41歳のベテラン、リーグ最年長選手として、群馬で迎える。

「まさか41歳になって他のチームからオファーをいただけるとは考えていなかった」と語る。

◆Bリーグ最年長、元日本代表・五十嵐圭に聞く日本代表の現在地 「日本は世界レベルに」

■「もう一度優勝に向けてチャレンジをしたい」

群馬の吉田真太郎GMは五十嵐にとって中央大学の後輩にあたる。昨シーズンのB2セミファイナルで群馬がB1昇格を決めた夜、五十嵐の所属先、新潟アルビレックスBB側へ正式にオファーがあった。翌朝、その知らせを聞いた五十嵐は、過去に今後について問われたこともあったが「本当に声掛けてくれたんだという驚きがあった」という。

5シーズン在籍していた新潟は、パワーハラスメント問題によりBリーグから処分を受けるなどにより成績不振に喘いでいた。チームは、そうした難しい状況ではあったものの、新潟からは契約継続のオファーもあり、五十嵐自身も「そのつもりでいた」という。

五十嵐を突き動かしたものは、吉田GMのこんな言葉だった。「圭さんを優勝させたい。圭さんと一緒に優勝したい」。

自身の挑戦について話す五十嵐圭(写真:編集部)

五十嵐、実はNBL時代も含めたトップリーグで優勝を経験していない。「日立サンロッカーズ(現・サンロッカーズ渋谷)でリーグ準優勝した時が最高成績。新潟で中地区優勝はあったが、選手である以上リーグ優勝をしたい」と、年齢的にも残り少ないキャリアだと感じていた心に真っ直ぐ届いた。

2021-22シーズンを五十嵐はBリーグ最年長プレーヤーとして迎える。「個人としてスタッツは下がっていてもまだまだB1でやれる」という自負がある。ただチャンスは限られている。「もう一度優勝に向けてチャレンジをしたい!」と、ついに新潟を離れ群馬での新たな挑戦を決意した。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします