【格闘技/RIZIN.30】9月19日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

(C)RIZIN FF

▼全10試合・対戦カード詳細

◆第1試合~第3試合(ぱんちゃん璃奈、昇侍、太田忍 etc.)
◆第4試合~第6試合(佐々木憂流迦、矢地祐介、浜崎朱加 etc.)
◆第7試合~第10試合(バンタム級トーナメント/元谷友貴、扇久保博正、井上直樹、朝倉海 etc.)
◆テレビ放送・配信中継一覧

■第7試合

(C)RIZIN FF

バンタム級トーナメント 2回戦
元谷友貴 vs. 瀧澤謙太
RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(61.0kg)

♦試合結果
勝利:瀧澤謙太(1R 、2分27秒 TKO レフェリーストップ:スタンドパンチ)

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

瀧澤謙太が元谷友貴を下し、バンタム級トーナメント準決勝への進出を一番に決めた。序盤は両者が積極的に動いて決定機を窺う展開。試合が動いたのは1R2分過ぎで、瀧澤が左フックを顎にヒットさせて元谷が崩れると、逃すまいとグラウンドパンチとスタンドパンチで猛追。これには元谷も抵抗できずに終戦のゴングとなった。

■第8試合

(C)RIZIN FF

バンタム級トーナメント 2回戦
扇久保博正 vs. 大塚隆史
RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(61.0kg)

♦試合結果
勝利:扇久保博正(判定 3-0)

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

34歳の扇久保博正が35歳の大塚隆史をフルラウンドの判定で破った。ベテランらしく、お互いに攻撃とフェイントを織り交ぜて相手の出方を窺う構え。一進一退の攻防のまま試合が進むと、3Rの最後には気力で撃ち合うシーンも見られた。試合終了のゴングが鳴ると、両者が揃って右腕を上げて勝利をアピールしたが、ジャッジは扇久保を評価した。

■第9試合

(C)RIZIN FF

バンタム級トーナメント 2回戦
井上直樹 vs. 金太郎
RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(61.0kg)

♦試合結果
勝利:井上直樹(判定 3-0)

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

井上直樹がRIZIN無傷の5連勝を決め、バンタム級トーナメント準決勝へ駒を進めた。井上は左のカーフキックや関節蹴りを繰り出し、1ラウンドを優位なかたちで終える。カーフキックでのダメージを感じさせず気迫を全面に押し出す金太郎は、強烈なボディなどで井上をぐらつかせるなど、パワーで追い込んでいく。両者の意地がぶつかりあった試合の行方は判定にもつれたが、ジャッジは3-0で井上を支持。序盤から冷静な試合運びをした井上が評価された格好となった。

【格闘技/RIZIN.30】井上直樹、判定で金太郎との“死闘”制す 「KOか一本が良かったんですが…」

■第10試合

(C)RIZIN FF

バンタム級トーナメント 2回戦
朝倉海 vs. アラン“ヒロ”ヤマニハ
RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(61.0kg)

♦試合結果
勝利:朝倉海(判定 3-0)

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

朝倉海がアラン“ヒロ”ヤマニハを破り、大みそかに行われる準決勝へ勝ち進んだ。1ラウンドから朝倉が顔面へのワンツーと重いボディのコンビネーションで試合を優勢に運んだが、なかなか倒れないヤマニハはグラップリングで対抗し、朝倉を苦しめる。勝敗は判定に持ち込まれ、結果はフルマーク3-0で朝倉の勝利。2連勝でトーナメント準決勝の進出を決めると同時に、兄・未来が一本負けを喫した“ボンサイ柔術”に、リベンジを果たした。

【格闘技/RIZIN.30】朝倉海、難敵・ボンサイ柔術に判定勝ちで兄・未来のリベンジ果たす 「大みそかまでにもっと強くなる」

【RIZIN.30直前レポ】朝倉海の「コンディション良い」兄・朝倉未来も太鼓判!対するアラン“ヒロ”ヤマニハは「もう少しで夢叶う」

【格闘技/RIZIN.30】圧勝宣言の朝倉海、兄・未来を倒した”ボンサイ柔術”の使い手に「凶暴な試合を」

【RIZIN】朝倉海が打倒ボンサイ柔術に絶対の自信 「そんなに脅威に感じていない」

【格闘技/RIZIN】バンタム級GP、次戦決定で早くも火花 朝倉海「一番弱いボンサイの選手が勘違い…ボコボコにする」


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします