【MLB】大谷翔平、2試合連続46号弾ならず 4四球に地元ファンから大ブーイング

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は22日(日本時間23日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのヒューストン・アストロズ戦に「3番DH」でスタメン出場。申告敬遠を含め4打席で勝負を避けられるなど2打数無安打4四球、2試合連発とはならず、46号はお預けとなった。

チームは延長戦の末、アストロズに5ー9で敗戦。今季最長の6連敗となった。

◆「申告敬遠が大谷翔平を悲しませる……私もだ」と現地アナリスト

■勝負を避けられた大谷

大谷は、相手先発・ルイス・ガルシアに対して2打席連続で四球を選び、出塁。さらに7回と10回のチャンスの場面では申告敬遠と勝負を避けられた。4四球に対して地元ファンから大きなブーイングが響いた。

大谷と熾烈な本塁打王争いをしているブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)は3打数2安打も不発。さらにサルバトール・ペレス(カンザスシティ・ロイヤルズ)は雨天中止と差は1本のまま。なおこれにより、三つ巴のホームラン王争いは、3選手とも残り10試合ずつとなり、まさに目が離せない様相を帯びて来た。

◆大谷翔平、特大45号でMVP当確か マドン監督「他の選手は2位か3位か4位」

◆大谷翔平、来季も「二刀流ローテ」継続 マドン監督が主流の中4日登板を否定

◆大谷翔平、復調予感の大飛球 MLB公式のMVP予想は「ゲレーロJr.がオオタニを超えることはない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします