【MLB】大谷翔平、左翼に大飛球も46号弾とはならず…… ライバルのゲレーロJr.は47号2ラン

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は2日(日本時間3日)、敵地T-モバイル・パークでのシアトル・マリナーズ戦に「2番DH」でスタメン出場。2打数無安打2四球で10試合ぶりの46号弾とはならなかった。

チームはマリナーズに4-6で敗れた。

【ハイライト】最後の3連戦に向けた今シーズンの大谷翔平の活躍シーンまとめ

■46号と100打点はお預け

大谷は、初回の第1打席に相手先発クリス・フレクセンが投じた94マイル(約151キロ)のストレートを捉えるも、左翼フェンスギリギリでキャッチされ46号と100打点はお預け。その後、四球で出塁するも大谷のバットから快音が響くことはなかった。

大谷、サルバドール・ペレス(カンザスシティ・ロイヤルズ)と本塁打王争いを繰り広げるブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)は同日の試合で47号2ランを放った。明日がシーズン最終戦となるだけに、最後まで目が離せなくなりそうだ。

◆波紋広げる大谷翔平の発言についてマドン監督が言及 「彼は退団を望んでいるわけではない」

◆大谷翔平が敵地ファンから大歓声を浴びる理由とは? マドン監督が独自見解「ハーウェルに育てられたから」

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします