【中山金杯/脚質傾向】小回りの中山で「上がり最速馬」は不振 先行馬が活躍する条件とは

5日に中山競馬場で行われる第71回・中山金杯(GIII、芝2000m)の過去10年データを紹介する。

目黒記念とチャレンジCで2着に好走し、着実に力を付けてきたヒートオンビート、2021年のスプリングS覇者ヴィクティファルス、重賞2勝を挙げているトーセンスーリヤ、昨年の3着馬で中山巧者のウインイクシードなどが出走予定だ。

ここでは予想のヒントになる「脚質傾向」を分析していく。

◆【中山金杯2022予想/追い切り診断】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

【中山金杯/追い切り診断】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

■先行馬は5勝、11連対

過去10年、逃げ【0-1-1-8】、先行【5-6-2-22】、差し【5-2-6-52】、追込【0-1-1-46】と中団で競馬を進めた馬の好走が目立つが、なかでも先行脚質は最多5勝を挙げ、連対数も11回と好成績を収めている。

昨年は4角6番手以内にいた馬が4着以内に入っており、2020年も4角6番手以内にいた馬が掲示板を独占、18年には4角3番手で並走していたセダブリランテスとウインブライトのワンツーフィニッシュだったように、小回りの中山コースにおいては圧倒的に先行馬が有利となっている。

また、上がり3Fの順位ごとの成績は以下の通り。

1位 【1-1-1-9】 勝率8.3% 連対率16.7% 複勝率25.0%
2位 【2-0-2-7】 勝率18.2% 連対率18.2% 複勝率36.4%
3位 【3-1-1-9】 勝率21.4% 連対率28.6% 複勝率35.7%
4・5位 【2-1-2-9】 勝率14.3% 連対率21.4% 複勝率35.7%
6位~ 【2-7-4-94】 勝率1.9% 連対率8.4% 複勝率12.1%

昨年末の有馬記念やホープフルSとは異なり、中山金杯では「上がり最速馬」が過去10年で1勝のみと不振傾向にある。対照的に上がり2位~5位だった馬が活躍しており、なかでも上がり3位だった馬は勝率21.4%、連対率28.6%、複勝率35.7%とトップクラスの成績を誇っている。2019年にはウインブライトが58キロのハンデを背負いながらも上がり3位の末脚で優勝したように、重ハンデを背負った実績馬が次位の上がりをマークして好走している。

昨年の出走レースで「先行」かつ「上がり2~5位」で馬券内に好走したことがある登録馬はコスモカレンドゥラトーセンスーリヤジェットモーションの3頭。とくにジェットモーションは5月に開催された三方ヶ原Sで勝利しており、注目の1頭になる。

また、昨年の同レースで先行し、3着に好走しているウインイクシードが今年も出走予定。タフな末脚で今年も波乱を巻き起こしたいところ。

▼その他データ傾向
◆【血統傾向】出走“4頭中3頭”が大駆け 冬枯れの中山に「初夢」を託す本命

【中山金杯/血統傾向】出走“4頭中3頭”が大駆け 冬枯れの中山に「初夢」を託す本命

◆【前走ローテ】各組1勝ずつで難解データ、最低条件は「前走2000m」も決め手は…

【中山金杯/前走ローテ】各組1勝ずつで難解データ、最低条件は「前走2000m」も決め手は…

中山金杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

◆【A評価】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

◆【A評価】重賞前線マンに「A」評価 心身ともに充実期で「Vは目前」

◆【B評価】上位人気に辛口「B」 キンキンの前走と比べて「体に余裕」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”以下の伏兵 上位人気馬との比較で「買い」の判断

◆【穴馬アナライズVol.2】近走の成績が“盲点”の伏兵 好位粘り込みで「大仕事」の予感

◆【穴馬アナライズVol.3】コースと距離適性で再浮上 伏兵扱いなら「積極的に狙いたい」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】上位人気2頭に“明と暗” 馬券内率0%の「鬼門」ローテ

◆【データ攻略-後編】想定“10人気”以下の穴馬 馬券内率「75%」の適条件

◆【騎手データ】条件合致で“連対率100%” 「金杯男」は昨年復帰の関東中堅
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします