【中山金杯/追い切り診断】上位人気に辛口「B」 キンキンの前走と比べて「体に余裕」

■トーセンスーリヤ

【中間調整】函館記念勝ち、新潟記念2着と夏のハンデ重賞で好走を続けて「サマー2000王者」となったが、前走の天皇賞・秋はさすがに相手が強くブービー15着に終わっている。それでも好位で流れに乗る自分の競馬ができたのは収穫だったはずだ。その後は疲れを癒すため放牧。12月22日の交流重賞・兵庫GTでダートに挑戦するプランもあったが除外となり、復帰戦を中山金杯に切り替えた。12月3日に帰厩し、5日に坂路15-15を出したのが初時計。以降、金杯に向け負荷が徐々に強められている。22日に横山和騎手が騎乗し、ウッド単走で終いに目一杯追われると若干の重苦しさを感じさせながらも力強い伸びを見せた。

◆【中山金杯2022予想/追い切り診断】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

【中山金杯/追い切り診断】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

【最終追い切り】12月31日に本追い切り。22日の攻めで気持ちがグンと乗ったのか、行きっぷりが改善。それでいて脚もしっかり溜まっており、単走とは思えない気迫を見せて鋭く伸びた。

【見解】3日に味付け程度ではあるがウッド追いを消化しており、脚元や体調は問題ない。キンキンの状態だった天皇賞・秋ほどではなく、まだ若干体に余裕を感じさせいる。目標を切り替える経緯があった点からも、ここは完調とまではいかないか。

総合評価「B」

▼その他追い切り診断
◆【A評価】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

【中山金杯/追い切り診断】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

◆【A評価】重賞前線マンに「A」評価 心身ともに充実期で「Vは目前」

【中山金杯/追い切り診断】重賞前線マンに「A」評価 心身ともに充実期で「Vは目前」

中山金杯2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”以下の伏兵 上位人気馬との比較で「買い」の判断

◆【穴馬アナライズVol.2】近走の成績が“盲点”の伏兵 好位粘り込みで「大仕事」の予感

◆【穴馬アナライズVol.3】コースと距離適性で再浮上 伏兵扱いなら「積極的に狙いたい」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】上位人気2頭に“明と暗” 馬券内率0%の「鬼門」ローテ

◆【データ攻略-後編】想定“10人気”以下の穴馬 馬券内率「75%」の適条件

◆【騎手データ】条件合致で“連対率100%” 「金杯男」は昨年復帰の関東中堅

▼その他データ傾向
◆【血統傾向】出走“4頭中3頭”が大駆け 冬枯れの中山に「初夢」を託す本命

◆【脚質傾向】小回りの中山で「上がり最速馬」は不振 先行馬が活躍する条件とは

◆【前走ローテ】各組1勝ずつで難解データ、最低条件は「前走2000m」も決め手は…

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします