【中山金杯/追い切り診断】重賞前線マンに「A」評価 心身ともに充実期で「Vは目前」

■ヒートオンビート

【中間調整】前走のチャレンジCは、2番手で上がり最速の勝ち馬ソーヴァリアントが強すぎた感はあったが、勝負どころで動きづらい場面がありながらもいい脚を使って2着。重賞タイトルに手が届く実力者であることをアピールした。その後は在厩で中山金杯に向けて調整。12月16日にCW3F40秒7-1F12秒8(馬なり)と中間の初時計で素軽く動いてみせた。24日に初コンビを組む横山武騎手が騎乗し、CWで7Fから意欲的な併せ馬。豪快な伸びで先行したオープン馬に先着と、前走時以上の雰囲気を見せている。

◆【中山金杯2022予想/追い切り診断】上位人気に辛口「B」 キンキンの前走と比べて「体に余裕」

【中山金杯/追い切り診断】上位人気に辛口「B」 キンキンの前走と比べて「体に余裕」

【最終追い切り】最終追いは12月31日。前走同様、栗東ポリで流して気分良くレースに向かわせる調整内容。緩いペースでも力まず、ラストは自ら気持ちを乗せて軽快に伸びた。

【見解】最終追いを負荷の少ない芝やポリで走らせるのはいつものパターン。これまで以上に乗っている雰囲気でゴールに向かっていき、心身ともに充実期にありそうだ。3日に15-15で追加の脚慣らしもこなしており、体調は良さそう。中山は初だが、前走・阪神内回りで見せた立ち回りからすれば、問題なくこなせるはず。Vは目前か

総合評価「A」

▼その他追い切り診断
◆【S評価】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

【中山金杯/追い切り診断】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

◆【A評価】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

【中山金杯/追い切り診断】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

中山金杯2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”以下の伏兵 上位人気馬との比較で「買い」の判断

◆【穴馬アナライズVol.2】近走の成績が“盲点”の伏兵 好位粘り込みで「大仕事」の予感

◆【穴馬アナライズVol.3】コースと距離適性で再浮上 伏兵扱いなら「積極的に狙いたい」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】上位人気2頭に“明と暗” 馬券内率0%の「鬼門」ローテ

◆【データ攻略-後編】想定“10人気”以下の穴馬 馬券内率「75%」の適条件

◆【騎手データ】条件合致で“連対率100%” 「金杯男」は昨年復帰の関東中堅

▼その他データ傾向
◆【血統傾向】出走“4頭中3頭”が大駆け 冬枯れの中山に「初夢」を託す本命

◆【脚質傾向】小回りの中山で「上がり最速馬」は不振 先行馬が活躍する条件とは

◆【前走ローテ】各組1勝ずつで難解データ、最低条件は「前走2000m」も決め手は…

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします