【中山金杯/追い切り診断】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

■ヴィクティファルス

【中間調整】秋2戦目として臨んだ前走の菊花賞。上々のデキにあったのは確かだが、18頭立て17番枠スタートで距離ロスもあり、さすがに最後は苦しくなって1秒5差の10着に終わった。その後は中距離路線での巻き返しを意識し、中山金杯から逆算して放牧。12月10日に栗東へ戻り、順調に調整されている。12日に坂路14-14を出したのが初時計、16日に主戦・池添騎手を背にCWで追われたが、まったくの楽走で3F37秒4-1F11秒5を出した。稽古駆けする馬ではあるが、中間の休養でさらに肉体面でレベルアップした感。22日に池添騎手が騎乗し負荷を掛けたウッド追いでも、単走とすれば抜群の伸びを見せた。

◆【中山金杯2022予想/追い切り診断】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

【中山金杯/追い切り診断】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

【最終追い切り】12月31日に池添騎手が騎乗し坂路単走。息を整え、鞍上との意思疎通を図る程度だったはずだが自然と速い時計となり4F52秒9-1F12秒1(馬なり)を出した。坂路でそこまで走らない馬としては出色の数字。

【見解】早い段階で中山金杯を目標に据え、逆算しての休養と調整。順調さが強調材料だが、帰厩後は以前より楽にいい時計が出せるようになっており、休養効果で一段と成長したのは嬉しい誤算かもしれない。鞍上との息はピッタリで、精神面でも研ぎ澄まされている。さっそく絶好の状態で走れそう。

総合評価「S」

▼その他追い切り診断

◆【A評価】重賞前線マンに「A」評価 心身ともに充実期で「Vは目前」

【中山金杯/追い切り診断】重賞前線マンに「A」評価 心身ともに充実期で「Vは目前」

◆【B評価】上位人気に辛口「B」 キンキンの前走と比べて「体に余裕」

【中山金杯/追い切り診断】上位人気に辛口「B」 キンキンの前走と比べて「体に余裕」

中山金杯2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”以下の伏兵 上位人気馬との比較で「買い」の判断

◆【穴馬アナライズVol.2】近走の成績が“盲点”の伏兵 好位粘り込みで「大仕事」の予感

◆【穴馬アナライズVol.3】コースと距離適性で再浮上 伏兵扱いなら「積極的に狙いたい」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】上位人気2頭に“明と暗” 馬券内率0%の「鬼門」ローテ

◆【データ攻略-後編】想定“10人気”以下の穴馬 馬券内率「75%」の適条件

◆【騎手データ】条件合致で“連対率100%” 「金杯男」は昨年復帰の関東中堅

▼その他データ傾向
◆【血統傾向】出走“4頭中3頭”が大駆け 冬枯れの中山に「初夢」を託す本命

◆【脚質傾向】小回りの中山で「上がり最速馬」は不振 先行馬が活躍する条件とは

◆【前走ローテ】各組1勝ずつで難解データ、最低条件は「前走2000m」も決め手は…

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします