【中山金杯/データ攻略-後編】想定“10人気”以下の穴馬 馬券内率「75%」の適条件

前編」ではヒートオンビートヴィクティファルスの上位人気2頭で、明暗がくっきりと分かれたデータを紹介。「後編」ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【中山金杯2022予想/データ攻略-前編】上位人気2頭に“明と暗” 馬券内率0%の「鬼門」ローテ

【中山金杯/データ攻略-前編】上位人気2頭に“明と暗” 馬券内率0%の「鬼門」ローテ

■データが導く中山金杯の穴馬候補

2年連続で2桁人気馬が馬券内に飛び込んでいる中山金杯。ここではJRAからの「お年玉」となりうる穴馬候補2頭をデータ面から取り上げたい。

<穴候補1 ウインイクシード>

明け8歳を迎えた古豪。過去に参戦した当レースでは馬券内を確保しているものの重賞のタイトルにはなかなか手が届かないという馬だ。そんな同馬を後押しすべく、今回は「人」の力が追い風となる。

・ウイン冠×牡馬×松岡正海の重賞成績【7-4-1-23】

単勝回収率、複勝回収率ともに100%オーバー。香港GIを制したウインブライトなど、活躍馬にいとまがない。ゴールデン・コンビといって差し支えない好成績を残しており、久々のコンビ結成は大きなプラス材料と言えるだろう。昨年は怪我の影響もあり満足のいくシーズンを送れなかった松岡正海。過去の中山金杯好走歴がある相棒とともにスタートダッシュを決めたいところだ。

<穴候補2 オウケンムーン>

2020年を最後に馬券内から遠ざかる馬。前走のアルゼンチン共和国杯も11着と見せ場なく敗れてしまったが、今回紹介したいのは以下のデータだ。

・芝2000m×馬番ひと桁番時の成績【2-0-1-1】

馬券内率にすると驚異の75%。このなかには1月の中山芝2000m勝利実績も含まれる。昨年は馬番フタ桁番に芝2500m以上の長距離戦と不適条件が続いたものの、同馬のスイートスポットは芝2000mかつ内めの枠。久々に適鞍で臨めるここは波乱の使者となりうる1頭と言えよう。

◆【中山金杯2022予想/騎手データ】条件合致で“連対率100%” 「金杯男」は昨年復帰の関東中堅

【中山金杯/騎手データ】条件合致で“連対率100%” 「金杯男」は昨年復帰の関東中堅

中山金杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

◆【A評価】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

◆【A評価】重賞前線マンに「A」評価 心身ともに充実期で「Vは目前」

◆【B評価】上位人気に辛口「B」 キンキンの前走と比べて「体に余裕」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”以下の伏兵 上位人気馬との比較で「買い」の判断

◆【穴馬アナライズVol.2】近走の成績が“盲点”の伏兵 好位粘り込みで「大仕事」の予感

◆【穴馬アナライズVol.3】コースと距離適性で再浮上 伏兵扱いなら「積極的に狙いたい」

▼その他データ傾向
◆【血統傾向】出走“4頭中3頭”が大駆け 冬枯れの中山に「初夢」を託す本命

◆【脚質傾向】小回りの中山で「上がり最速馬」は不振 先行馬が活躍する条件とは

◆【前走ローテ】各組1勝ずつで難解データ、最低条件は「前走2000m」も決め手は…

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「中山金杯編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします