【中山金杯/データ攻略-前編】上位人気2頭に“明と暗” 馬券内率0%の「鬼門」ローテ

5日、中山競馬場で行われるハンデ重賞・中山金杯(GIII、芝2000m)は、2022年のJRA開幕を告げる名物レース。年をまたいだ変則日程下での調整を余儀なくされる点から、大波乱を生み出すこともしばしば。ハンデ戦ゆえに起こる、軽ハンデを活かした伏兵の台頭にも目を配りたいところだ。

データで紐解く今年の中山金杯。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをご覧いただきたい。

◆【中山金杯2022予想/追い切り診断】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

【中山金杯/追い切り診断】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

■ヒートオンビートを後押しするのは「昨年GI5勝」の若武者

前走チャレンジCは2着入線と、中距離戦線でも十分に戦えることを証明したヒートオンビート。年明け初戦の名物レースを制し、弾みをつけるべく参戦を果たした同馬を後押しするデータがこちら

・中山芝2000m重賞×横山武史×4枠以内【3-0-0-2】

タイトルホルダー、エフフォーリア、キラーアビリティなどがこのデータに該当。中山芝2000m重賞×横山武史×4枠以内に入った馬の成績には目を見張るものがある。昨年はGI5勝、競馬界を席巻する大活躍をみせた横山武史が跨る今回、待望の初重賞制覇への道筋は見えていることだろう。

◆【中山金杯2022予想/騎手データ】条件合致で“連対率100%” 「金杯男」は昨年復帰の関東中堅

【中山金杯/騎手データ】条件合致で“連対率100%” 「金杯男」は昨年復帰の関東中堅

■ヴィクティファルスの鬼門は「馬券内馬ゼロ」のローテーション

「強い3歳世代」の一角として昨年のクラシック戦線を完走。捲土重来を期すべく中山芝中距離戦にターゲットを絞って臨むヴィクティファルス。3歳春にスプリングSを制した相性の良い中山芝替わりは歓迎材料だが、ここはローテーションが鬼門となりそうだ。

・前走菊花賞組【0-0-0-7】

このなかには昨年の天皇賞・春と有馬記念でともに2着だったディープボンドも含まれる。3000→2000mへの距離短縮により追走で手いっぱいになるケースが目立っており、正月中山開催のCコース替わりがさらなる追い打ちをかけている印象だ。ヴィクティファルス自身、テンのダッシュ力に欠けるタイプ。同馬に待ち受けるハードルは相当に高いものとなりそうだ。

後編」ではデータから浮上した想定10番人気を含む2頭の穴馬候補を紹介する。

◆【中山金杯2022予想/データ攻略-後編】想定“10人気”以下の穴馬 馬券内率「75%」の適条件

【中山金杯/データ攻略-後編】想定“10人気”以下の穴馬 馬券内率「75%」の適条件

中山金杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

◆【A評価】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

◆【A評価】重賞前線マンに「A」評価 心身ともに充実期で「Vは目前」

◆【B評価】上位人気に辛口「B」 キンキンの前走と比べて「体に余裕」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”以下の伏兵 上位人気馬との比較で「買い」の判断

◆【穴馬アナライズVol.2】近走の成績が“盲点”の伏兵 好位粘り込みで「大仕事」の予感

◆【穴馬アナライズVol.3】コースと距離適性で再浮上 伏兵扱いなら「積極的に狙いたい」

▼その他データ傾向
◆【血統傾向】出走“4頭中3頭”が大駆け 冬枯れの中山に「初夢」を託す本命

◆【脚質傾向】小回りの中山で「上がり最速馬」は不振 先行馬が活躍する条件とは

◆【前走ローテ】各組1勝ずつで難解データ、最低条件は「前走2000m」も決め手は…

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「中山金杯編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします