【中山金杯/穴ライズ】コースと距離適性で再浮上 伏兵扱いなら「積極的に狙いたい」

中央競馬の開幕を告げる年明け恒例の中山金杯。昨年は1番人気ヒシイグアスが制したものの、2着に5番人気ココロノトウダイ、3着に11番人気のウインイクシードで、3連単6万4390円。

毎年荒れるハンデ重賞だけに「穴馬」発掘が馬券攻略のカギとなる。ここでは波乱の使者となりえる伏兵を紹介する。

◆【中山金杯2022予想/穴馬アナライズVol.1】単勝“10人気”以下の伏兵 上位人気馬との比較で「買い」の判断

【中山金杯/穴ライズ】単勝“10人気”以下の伏兵 上位人気馬との比較で「買い」の判断

■ロザムール

昨年の中山金杯で14番人気4着と大健闘した同馬。今年は人気を集めるだろうが、それでも伏兵扱いであれば積極的に狙いたい1頭だ。

その昨年は果敢にハナを奪って、前半1000m62秒0のスローに落としての逃げ。直線は早めにウインイクシードに捕まったが、そこからもじつにしぶとく粘り込んだ。前走・GI初挑戦のエリザベス女王杯はシャムロックヒルとの逃げ争いで消耗し見せ場なく終わり、今回もこの馬が出走するが、2番手に控えても結果を残してきた馬。今回は無理に競り合うことはないと見る。

4勝中2勝で昨年の中山牝馬S2着という中山へのコース替わり、近2走から1ハロン短縮と巻き返す要素は十分に揃った。

◆【中山金杯2022予想/穴馬アナライズVol.2】近走の成績が“盲点”の伏兵 好位粘り込みで「大仕事」の予感

【中山金杯/穴ライズ】近走の成績が“盲点”の伏兵 好位粘り込みで「大仕事」の予感

中山金杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】高評価「S」は前走“2桁着順” 逆算調整で「絶好の状態」

◆【A評価】“伏兵”7歳馬に「A」評価 デキの良さから「上位食い込みも」

◆【A評価】重賞前線マンに「A」評価 心身ともに充実期で「Vは目前」

◆【B評価】上位人気に辛口「B」 キンキンの前走と比べて「体に余裕」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】上位人気2頭に“明と暗” 馬券内率0%の「鬼門」ローテ

◆【データ攻略-後編】想定“10人気”以下の穴馬 馬券内率「75%」の適条件

◆【騎手データ】条件合致で“連対率100%” 「金杯男」は昨年復帰の関東中堅

▼その他データ傾向
◆【血統傾向】出走“4頭中3頭”が大駆け 冬枯れの中山に「初夢」を託す本命

◆【脚質傾向】小回りの中山で「上がり最速馬」は不振 先行馬が活躍する条件とは

◆【前走ローテ】各組1勝ずつで難解データ、最低条件は「前走2000m」も決め手は…

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-中山金杯&京都金杯編[5日15:00頃〜LIVE配信]」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。会心の的中はキセキが制した2017年菊花賞の3連単55万9700円。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします