【ボクシング】中谷潤人が圧巻米デビュー、尾川堅一も念願の世界王座…各階級日本人選手の現在地

初防衛戦で勝利した中谷潤人(C)Getty Images

2020年に続き、今年もボクシング界はコロナ禍に悩まされた。試合の延期、カードの変更が数多く発生する異常な状況だったが、そのなかでも日本人選手の印象に残る活躍があった。今年行われた世界タイトル戦を中心に、軽量級から階級ごとに熱戦をまとめてみた。現在、日本人チャンピオンが何人いるかも確認していきたい。

◆井上、井岡に続く日本人は誰だ? 海外専門誌が“日本選手限定”PFPランキングを発表

■谷口、京口の同門親友チャンピオンコンビが誕生

WBOミニマム級1位のサウスポー、谷口将隆は、12月14日、井上尚弥のアンダーカードに登場し同級王者のウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)を11ラウンドTKOで下して王座についた。谷口にとっては、2年前にビック・サルダール(フィリピン)に敗れて以来の2度目の挑戦。ついに念願が叶った。

谷口は、WBAライトフライ級王者・京口紘人と同じワタナベジム所属。ふたりは大学時代からのライバルで、かつ親友。今回のベルト奪取には、同門王者である京口のアドバイスが大きかったようだ。ふたりのチャンプを抱えた渡辺会長は、「関西でダブル防衛戦をやりたい」と計画を語っている。

その京口は、3月13日に米テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターでアクセル・アラルゴン・ベガ(メキシコ)と対戦した。小柄なベガが接近戦を仕掛けると、京口もそれに応戦。力を込めたフック、アッパーの打ち合いになった。試合は5回、ベガが京口の頭を打った際に右拳を負傷、試合続行不能となり、チャンピオンのTKO防衛となった。

■新スター候補、中谷潤人がアリゾナで快勝

京口と同じライトフライ級のWBC無敗王者、寺地拳四朗は9月22日に京都市体育館で矢吹正道の挑戦を受けた。この試合はチャンピオンのコロナ感染により当初のスケジュールより12日間延期されて開催。9回目の連続防衛に挑む寺地のコンディションが懸念された。

試合は序盤、互角の展開だったが、チャンピオンが出血して流れが挑戦者ペースに。そして、10ラウンド2分59秒、矢吹がラッシュしたところでレフリーがTKO勝ちを宣告した。アップセットを起こした矢吹は、17歳で長女、その後長男を授かった苦労人。両拳で4人家族を養ってきた。試合後、矢吹のバッティングが問題になり、初防衛戦は寺地とのリターンマッチになる予定だ。

今年、最も印象に残る試合をしたのは、WBOフライ級王者・中谷潤人だろう。9月に米アリゾナ州ツーソンの野外リングで行われた初防衛戦の相手は、プエルトリコの倒し屋、アンヘル・アコスタ。中谷は身長171センチ、リーチ170センチ、サウスポーという体格を生かして、アウトボクシングをすると思われたが、初回から強い左ストレートを打ち込んで圧倒。挑戦者が鼻を折って流血状態になると、レフリーがたまらず4回に試合をストップした。アメリカで強烈に強さをアピールした中谷はまだ23歳。井上尚弥に次ぐスター候補に名乗りを上げた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします