【阪急杯/穴ライズ】想定オッズ“10倍”前後の惑星 「2走前の惨敗でオイシイ存在に」

過去10年、阪急杯の1番人気は【3-1-2-4】で馬券内率60%を誇るが、2017年には単勝オッズ1.6倍のシュウジが8着に敗れて3連単248万円の大波乱。

昨年はレシステンシアがここを制し、過去にもミッキーアイルやロードカナロアといったスプリント路線のトップクラスが出走するケースも見られるが、今年はGI馬不在で混戦ムードが漂う。

タイセイビジョンクリノガウディーなどスプリント重賞の常連も参戦してくるが、前走・オープン戦やリステッド競走組に盲点は潜んでいると見て「穴馬」をピックアップする。

◆【阪急杯2022予想/穴馬アナライズVol.2】単勝“7人気”前後の盲点 「再びの千四で新たな一面を見せる」

■グルーヴィット

前走・淀短距離Sでは2番人気で4着に敗れたが、馬場の荒れた内目を通ったことに加え、直線の坂で2着馬に寄られてスムーズさを欠いた。加えて、左前肢フレグモーネによる出走取消後の一戦。これで勝ち馬から0秒4差なら、悲観する内容ではない。

近走は1200mに成績が集中しているが、3歳時にはマイル重賞・中京記念を制し、一昨年は京王杯スプリングCで3着と、1400m以上の実績はある。馬具を外しても集中できていた前走のレース内容からも距離延長は問題ないと見た。

2走前の京王杯スプリングC11着は、スタートから位置取りを悪くして流れに乗れなかったのが敗因。この惨敗が嫌われるようなら“オイシイ”存在となる。

◆【中山記念2022予想/データ攻略-前編】人気の一角に「連対率0%」の壁 目下充実も舞台替わりに警鐘

◆【中山記念2022予想/危険な人気馬-後編】高配当メーカーの爆穴に再度注目 逃げ馬多数でも「展開不問」

◆【中山記念2022/血統傾向】惨敗続きの穴馬に”妙味” 単回収値「959」の復活を期す重賞馬

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-中山記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします