【中山記念/危険な人気馬-後編】高配当メーカーの爆穴に再度注目 逃げ馬多数でも「展開不問」

「前編」ではカラテの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではカラテに代わる本命、そして穴馬5頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【中山記念2022予想/危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【中山記念/危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

■狙いは「先行」かつ「折り合い」がつく馬

本命には、昨年の皐月賞で4着の実績があるアドマイヤハダルを指名する。前走の白富士Sは大器ジャックドールに負けはしたものの、着差は僅かに1馬身半と最後まで勝ち馬を荒れた内目から追い詰めていたことを素直に評価したい。また、気性面での成長が伺えた前走の内容から、前が飛ばす展開になっても折り合いを欠くこともなく進めそうでスムーズに前目のポジションが取れそう。日本ダービー後、6カ月半の休養から2戦叩いて挑む今回は絶好の狙い目だろう。

対抗はパンサラッサ。前走の有馬記念(芝2500m)では大逃げの手を打ち、自分の競馬に徹するも13着に敗れた。しかし評価すべきは2走前の福島記念で刻んだラップタイムで、1800mの通過タイム1分46秒1は2020年の中山記念勝ち馬ダノンキングリーよりも速いタイムだった。開幕週に行われる今回は時計面でもパンサラッサにとっては追い風となりそうなだけにここでもしっかり押さえておきたい。

以下、押さえでワールドリバイバルダノンザキッドコントラチェックウインイクシードソッサスブレイとする。ソッサスブレイは前走のアメリカJCCで13着と大敗してしまったが、前々走のディセンバーS(芝1800m)では15番人気ながら馬群の内目で先行し3着に好走し、今回有力視されているアドマイヤハダルにも先着している。もともとは南関東競馬に所属しており、東京湾Cを勝利するなど重賞勝ちの経験もある。中山開幕週向きの馬ではないが、GIIでも4番手で先行出来たことは評価すべきで、展開不問な先行タイプは押さえておきたい。波乱の立役者として台頭してほしいところだ。

◆【中山記念2022予想/危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【中山記念/危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”以上の刺客 「舞台が中山ならアタマも狙える」

【中山記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”以上の刺客 「舞台が中山ならアタマも狙える」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“7人気”前後の盲点 「前走大敗でここは妙味あり」

【中山記念/穴ライズ】想定“7人気”前後の盲点 「前走大敗でここは妙味あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】惨敗続きで“下位人気”の爆穴 「カギを握る先行勢の一発」

【中山記念/穴ライズ】惨敗続きで“下位人気”の爆穴 「カギを握る先行勢の一発」

中山記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】重賞未勝利でも最高評価「S」 気迫の最終追いで「勝ち負け濃厚」

◆【A評価】人気一角は及第点「A」評価 押せ押せローテも「使ってさらに上向き」

◆【A評価】ダノンを上回る「A」評価は穴馬 陣営評を覆す「乗り込みの質と量」

◆【B評価】上位人気に不満の「B」評価 ギアの入りが半端「万全とは言えない」

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】高配当メーカーの爆穴に再度注目 逃げ馬多数でも「展開不問」

▼データ予想
◆【騎手データ】前日20倍前後でも侮れない人馬 「連対率100%」に該当で軽視禁物

◆【データ攻略-前編】人気の一角に「連対率0%」の壁 目下充実も舞台替わりに警鐘

◆【データ攻略-後編】想定30倍前後の盲点 条件好転で「馬券内率100%」が後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】最多3勝の「良枠」にはパンサラッサ 人気のダノンザキッドは大外枠からの発走

◆【血統傾向】惨敗続きの穴馬に”妙味” 単回収値「959」の復活を期す重賞馬

◆【脚質傾向】先行が驚異の「勝率90.0%」も、好走に必要な条件とは

◆【前走ローテ】注目すべきはレースのクラスも、連対への「必須条件」とは

◆【人気傾向】1人気が連勝中も、注意すべきは2人気との「オッズ差」90.0%」も、好走に必要な条件とは

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします