【今週の決戦】パ・リーグ 自身19連勝のかかる絶対エース、オリックス山本由伸を打ち砕くキーマンはソフトバンク中村晃か……

(C)Getty Images

あわや2試合連続完全試合か……という佐々木朗希の異次元のピッチングに沸いているパ・リーグではあるものの、その20歳右腕の防御率1.16よりも優れた防御率を残している投手は計6人いる。

1. ロメロ(ロッテ) 0.45
2. 千賀滉大(ソフトバンク)0.62
3. 早川隆久(楽天)0.64
4. 山本由伸(オリックス)0.82
5. 山岡泰輔(オリックス)0.92
6. 石川歩(ロッテ)0.99

まだまだシーズン序盤とは言え、防御率0点台が6投手とは、ハイレベルな投手戦が続きそうな予感ありだ。

◆【今週の決戦】セ・リーグ首位攻防戦は巨人・吉川尚輝 vs 広島・西川龍馬 同学年1番打者対決が鍵

■史上4人目の19連勝を目指す山本由伸

そのうちの一人が、昨季の沢村賞右腕、パ・リーグの絶対エース山本由伸だ。

昨季はその右腕でオリックス・バファローズを四半世紀ぶりのリーグ優勝に導きプロ6年目今季も、2年連続2度目の開幕投手を務めた3月25日の西武戦で8回3安打無失点の好投で白星発進。続く4月2日の日本ハム戦でも7回5安打で無失点に抑えて2連勝を飾ると、同9日のロッテ戦では7回9安打6四死球と本調子ではなかったが、悪いなりにも2失点に抑えて3勝目を挙げた。

そこから中10日で挑む19日のソフトバンク戦に勝利すれば、昨季からの自身の連勝記録を「19」に伸ばすことができる。昨季のソフトバンク戦は7試合の登板で3完封を含む6勝1敗、防御率0.98と圧倒しており、自信を持って本拠地のマウンドに上る。

対する福岡ソフトバンク・ホークスも今季ここまで11勝5敗1分の好スタートを切っており、前回対戦した4月5日からのオリックス3連戦も2勝1敗と勝ち越した。現在、主砲・柳田悠岐を故障で欠く中で頼りにしたいのが、ベテランの中村晃だ。

プロ15年目の今季、開幕戦は「6番ファースト」だったが、打撃好調で5番に打順を上げると、4月14日からは柳田に代わる3番に座り、3試合で10打数5安打の打率.500で4打点をマークしている。

山本に対しチームで唯一、1発を放った選手が中村だった。昨季、チーム全体が抑え込まれた中で自身も21打数3安打の打率.143だったが、3安打のうち1本がホームラン。リーグ4位の打率.327と打撃好調な今ならば、“快音”を増やせるはず。

ヨシノブ攻略のキーマンとして期待したい。

◆オリックス、黄金期到来か 熾烈な二遊間争いで注目される中嶋監督の手腕

◆ソフトバンクは“変革期”でも充実の布陣 投打でネクストブレイク候補多数

◆開幕戦で満塁ホームランを放ったソフトバンク・ガルビスの特徴とは……

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします