【Bリーグ】広島ドラゴンフライズ移籍の辻直人が川崎ブレイブサンダース戦で痛感した古巣・旧友たちの「壁」

広島ドラゴンフライズでプレーする辻直人 撮影:Shinji Fujiwara

広島ドラゴンフライズ背番号3、辻直人

大阪府出身の32歳、京都の強豪校洛南高等学校卒業後、青山学院大学へと進学。2012年に東芝ブレイブサンダース(現川崎ブレイブサンダース)に入団し日本バスケットボールリーグJBL)新人王を獲得。2013-14シーズンには見事優勝を果たしMVPにも選出された。日本代表としても活躍し、Bリーグを代表する選手の一人である。

◆東高西低の勢力図が激変 島根スサノオマジック安藤誓哉が目指すファイナルとその頂点

■待望だった古巣・川崎と対戦

そんな辻が2021-22シーズン、活躍の場を広島ドラゴンフライズへと移した。入団以降東芝、川崎一筋だった辻の移籍は多くのファンを大変驚かせた。

そして4月16日17日、ついに古巣川崎との初対戦。GAME1で辻は14得点を挙げ6アシストを記録するなど、自身も納得の気合いの入ったプレーを見せる。残念ながら広島は81-89で敗れたものの連戦後、川崎の篠山竜青に「やはりいいプレーヤーだなと思った」と言わしめるほどだった。ただしGAME2は思い通りのプレーが出来ず、チームも77-106と大敗を喫した。その試合後、辻に話を聞くことができた。

インタビューを受ける辻直人 撮影:Shinji Fujiwara

辻は「川崎は一枚も二枚も上手だった」と試合後に悔やんだ。試合を終えた辻は「GAME1は1分1秒くらいは楽しめたが、GAME2では自分のプレーができなかった」と悔やみつつ、「久し振りに友達に会ったような懐かしさがあった。敵として正々堂々と戦えた」と振り返った。

2月3月と川崎戦が近付くにつれ「ドキドキしていた。けちょんけちょんにやられるのではと不安もあったが、4月に入ってからは楽しみでしかなかった」と待ち望んだ対戦。川崎のキャプテン藤井祐眞も、先立って「試合でマッチアップをしたら0点に抑える」と意気込みを語るなど再会を楽しみにしていた。川崎時代、何度も日々の練習からしのぎを削りあった。「川崎は練習から競争が激しい。常に試合に近いレベルの練習を行う」からこそ、辻には懐かしさがそこにはあった。

藤井がマッチアップを楽しみにしていたことを伝えると「GAME2では得点したぞと本人に伝えておいて欲しい」と笑った。藤井だけでなく、篠山や、東芝同期入団の長谷川技などとコート上で本気で向き合えたことは辻にとっても楽しく貴重な時間だった。

試合前に元チームメートと談笑する辻直人 撮影:Shinji Fujiwara

対戦を終えた川崎の篠山にも話を聞くことができたが「ひと言では言い表せない。楽しい、寂しい、様々な感情があり新鮮だった」と振り返り、バスケットLIVEで観戦していたという自身の4歳の息子さんが「やっぱり辻選手とは戦ってほしくない」と話していたことも明かしてくれた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします