【箱根駅伝】東洋大・山本修二ってどんな人…サインにも神対応な東洋大のエース

2019年1月2~3日に行われる第95回箱根駅伝で、史上初となる2度目の学生駅伝3冠と、箱根史上3校目の5連覇を狙う青学大。

その連覇を阻止しようと目論む大学の一つが、東洋大学だ。

中でも耳目が集まるのが、前回の箱根駅伝で3区の区間賞を獲得した、東洋大のエースの山本修二選手。

 

View this post on Instagram

 

【鉄紺 選手フリップ2017 No.13】 「ハイ、鉄紺ッ!」の掛け声で撮影した意気込みフリップ。 13人目は、3年生山本修二選手です。沿道では「いけー!いいぞー!速いぞー!」と応援してほしいそうです📣 大会前のげん担ぎとして大会前日にプリン、当日にチョコを食べるそうです! * 名実共にエースと呼ばれ、箱根駅伝で区間賞を獲得できるよう応援よろしくお願いいたします🎽 #鉄紺 #東洋大学 #東洋大 #東洋 #大学 #駅伝 #EKIDEN #箱根駅伝 #陸上競技部 #陸上部 #応援 #声援 #エントリーメンバー #その1秒をけずりだせ #山本修二 #遊学館 #石川 #石川県

東洋大学陸上競技部(長距離部門)さん(@toyo.tu)がシェアした投稿 –

2人の兄の影響で陸上をはじめる

山本選手は、現マツダ所属の山本憲二選手・山本信二さんと実の兄弟。東洋大学の先輩でもある2人の兄の影響で陸上をはじめたという。

中学時代は目立った実績を残していないが、石川県・遊学館高校に進学すると、徐々に頭角を現し始めた。なお、遊学館高校は長男の憲二選手も通っていた大学でもある。

高校2年生、3年生時では全国高校駅伝に出場。いずれも1区を走り、2年次が区間40位、3年次が区間14位だった。また、トラック競技の1500mと5000mで石川県大会優勝に輝いている。

東洋大学に進学してからは、箱根駅伝にも1年生から出場。

1年次は8区を走り、区間9位。2年次は2区を走り、区間11位。3年次は3区を走り、区間1位という成績を残している。

性格の良さ…サインにも神対応

山本選手が注目されるのは、その実力だけではなく性格の良さにもある。

2018年の箱根駅伝では、自分の走りが終了したあとの一刻も早く倒れこみたくなる苦しいタイミングで、係員に感謝の意を込めてお辞儀したシーンが印象的だ。

SNSでは、このシーンについて「山本修二いいやつ過ぎる!レース直後の苦しい時でも係員の人にお辞儀をしている!」などの声が集まっている。

以前、ファンがサインをお願いした時の対応も「神様」として話題になった。

山本選手にサインを頼んだファン。しかし、持参したペンでは、性質上スマートフォンにサインできず途方にくれてしまう。

その際、山本選手は機転を利かせて、選手らに配られた証明書に代わりにサインを記入することにしたというのだ。

この対応力に、「すっごく修二くん紳士ですね」「優しい山本くんですね。益々好きになっちゃいますね。」といった称賛の声が集まっていた。

≪関連記事≫

【箱根駅伝】青学大のエース、森田歩希ってどんな人?…乃木坂46の齋藤飛鳥が大好き

東洋大陸上部が箱根駅伝の壮行会に登壇!全国の東洋大応援団の声を受け頑張ってほしいと激励される

酒井監督の分析は「鍵は7区と8区」…東洋大、青山学院のリベンジに燃える!

ケンブリッジ飛鳥、プロ転向して変わったこと。31秒の沈黙の後、口を開いた

大迫傑はなぜ結果を出せる?…専属コーチが語る、アメリカと日本の指導法の違い

キプチョゲはなぜ走り続ける?……真の成功者とは何か

桐生祥秀、土屋太鳳からのバトンパスに興奮隠さず「男としていい経験になりました」

土屋太鳳、地元の渋谷区で桐生祥秀にバトンパス!まるで「1人気分オリンピック」?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします