Advertisement

【京都記念/データ攻略】強い4歳世代から新たな刺客 2つの「100%」で目論む重賞制覇

 

【京都記念/データ攻略】強い4歳世代から新たな刺客 2つの「100%」で目論む重賞制覇

今週は阪神競馬場で京都記念(芝2200m)が行われる。スターホース受難の年が多く、ジェンティルドンナにハープスター、レイデオロにマカヒキなどGI馬が連対を外すケースが多数。昨年もGI馬ユーバーレーベンが馬券外に敗れており、伏兵馬の台頭が珍しくない伝統の一戦だ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてプラダリアを取り上げる。

◆【京都記念2023予想/危険な人気馬】ドウデュースは“消し”評価 「ダービー馬は勝てない鬼門のレース」

■雨予報がプラス材料に

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

クラシック戦線ではダービー、菊花賞に参戦。その2戦を含めて連対から遠ざかっている馬だが、今回はプラス材料となる以下ふたつのデータをお伝えする。

・道悪の成績【1.0.1.0】
・12~2月の成績【0.2.1.0】

金曜日に雨予報が出ている阪神競馬場。道悪の可能性が高くなったことによるアドバンテージはこの馬にとって計り知れない。

道悪で挙げた勝利は後続に7馬身差をつけての圧勝。日経新春杯は直線で手前を変えずの3着で「右回りの方が上手に手前を替えられる」とのコメントも。雨が残る馬場でドウデュース&エフフォーリアより前で運べれば面白い1頭と言えそうだ。

■京都記念2023予想 人気記事一覧

データ分析

◆【データ攻略】人気一角の4歳牡馬に「2.1.2.0」 スムーズなら馬券圏内候補

Advertisement


◆【データ攻略】想定“7人気”前後に「3.1.0.0」の追い風 “ジャイキリ”の可能性は十分

◆【データ攻略】「馬券内率75%」が呼び込む激走のサイン “アフリカンゴールドの再現”に期待

追い切り

◆【追い切り診断】連敗中のGI馬に高評価「A」 「プランBが奏功すれば復活Vも」

◆【追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「前走時より上昇し絶好調」

◆【追い切り診断】ドウデュースを上回る高評価 「最終追いの気迫はかなりのレベル」

血統傾向

◆【血統傾向】2強を脅かす抜群のコース適性 種牡馬データも示す「阪神芝の鬼」

Advertisement


◆【血統傾向】単回収値「725」の激走条件 前走大敗は大波乱演出の布石

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2023京都記念-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン