Advertisement

【京都記念/追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「前走時より上昇し絶好調」

 

【京都記念/追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「前走時より上昇し絶好調」

■プラダリア

【中間調整】昨年春は青葉賞を勝ち、超豪華メンバーだった日本ダービーでは5着に健闘。それを考えれば秋の2戦が案外だったが、夏負けがあったのか牧場で順調さを欠き、帰厩後も本調子になかったようだ。仕切り直しだった前走・日経新春杯ではメンバー最速の末脚からクビ+クビ差の3着と復調ぶりをアピール。反動がなかったことから、前走直後に京都記念への進出が決定した。中間は在厩で調整。1月29日に坂路で初時計を出したが、かなり渋った馬場のなかラスト2F13秒6-13秒5(馬なり)と脚は止まらなかった。1週前追いには負傷から戦線に復帰する主戦・池添謙一騎手が跨りCW単走。終いはしっかり負荷を掛け、この馬らしい推進力あふれる走りを見せた。

◆【京都記念2023予想】過去10年データ・傾向、追い切り、枠順、出走馬、コラム一覧

【最終追い切り】レース当週も池添騎手が騎乗し、CW単走。先週ある程度の負荷は掛かっており、ここでは鞍上が感触を確かめる程度の終い重点の内容消化となった。直線では馬自ら重心を沈めて加速、鞍上がもう1枚ギアを上げるべく仕掛けるとスッと反応してさらに伸びた。

【見解】前走時である程度仕上がっていたようだが、1回使って体調面がさらに上がってきたようだ。その感触を楽しむように鞍上が手加減することなく仕掛けており、心身ともに充実といった感がある。人馬の意思疎通ぶりも文句なし。前走時よりさらに上昇し、目下絶好調か。

総合評価「S」

■京都記念2023予想 人気記事一覧

追い切り

◆【追い切り診断】連敗中のGI馬に高評価「A」 「プランBが奏功すれば復活Vも」

◆【追い切り診断】ドウデュースを上回る高評価 「最終追いの気迫はかなりのレベル」

◆【追い切り診断】2強の一角に辛口「B」評価 「目標は先、万全と言い切れない」

Advertisement


データ分析

◆【データ攻略】人気一角の4歳牡馬に「2.1.2.0」 スムーズなら馬券圏内候補

◆【データ攻略】強い4歳世代から新たな刺客 2つの「100%」で目論む重賞制覇

◆【データ攻略】想定“7人気”前後に「3.1.0.0」の追い風 “ジャイキリ”の可能性は十分

◆【データ攻略】「馬券内率75%」が呼び込む激走のサイン “アフリカンゴールドの再現”に期待

血統傾向

◆【血統傾向】2強を脅かす抜群のコース適性 種牡馬データも示す「阪神芝の鬼」

◆【血統傾向】単回収値「725」の激走条件 前走大敗は大波乱演出の布石

騎手データ

◆【騎手データ】エフフォーリア・横山武に黄信号か、阪神芝2200mなら「GIハンター」に期待

Advertisement


著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。