Advertisement

【MLB】藤浪晋太郎、3回3奪三振1失点でオープン戦初勝利 防御率1.80と開幕ローテ入りへ好アピール

 

【MLB】藤浪晋太郎、3回3奪三振1失点でオープン戦初勝利 防御率1.80と開幕ローテ入りへ好アピール
アスレチックスの藤浪晋太郎(C)ロイター/USA TODAY Sports

オークランド・アスレチックス藤浪晋太郎は、7日(日本時間8日)に行われたアリゾナ・ダイヤモンドバックスとのオープン戦に先発。3回を投げ1安打3奪三振1失点で初勝利を挙げた。

◆藤浪晋太郎、大谷相手にメジャー初登板 「スプリットは剣のよう」とアナリストも絶賛

■大谷との同級生対決以来のマウンド

大谷翔平との同級生対決となった2月28日(同3月1日)のロサンゼルス・エンゼルス戦以来の登板となった藤浪は、味方の援護にも助けられながら、安定した投球を披露。

2回に自身の暴投も絡み失点を喫したものの、その後は最速97.5マイル(約157キロ)のフォーシームに変化球を交え相手打者を打ち取り、3回を終えたところで降板した。

藤浪は3回52球を投げ、1安打2四球3奪三振で無失点。オープン戦初勝利を挙げた。2試合を投げて防御率は1.80と開幕ローテーション入りへ向けて好アピールを続けている。

◆大谷翔平と投げ合った藤浪晋太郎に米メディアも「テストを難なくパスした」と太鼓判

◆大谷翔平、藤浪相手に今季初登板で完璧KO投球 WBCに向け準備万端

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

文●SPREAD編集部

Advertisement